雨の日のネコちゃん

うちの仔、なんだか今日はいつもと違うな・・・。
そういう風に感じる日はありませんでしょうか?
ネコちゃんは、雨の日になると、
おとなしくなったり、眠ることが多くなったり、
にゃあにゃあとさわがしくなったり、
暴れまわったりすることもあるそうです。
それぞれどのような理由があるのでしょうか?

 

おとなしくなる理由として考えられているのは、
もともと雨や湿気が苦手なため、じっとしているのではないかということです。
また、同じ様な理由で狩りが出来ない日のため、
じっとすることで無駄なエネルギーを使わないようにしているのでは?
と考えられています。
そして雨による寒さや気圧の変化が影響し、
単純に体調がすぐれないということも考えられます。
眠ることが多いのは、日差しがなく薄暗くなるため、
眠気が大きくなっているのではないか?ということです。

 

逆に騒がしくなるネコちゃんもいるそうです。
夏の時期の雨の日は、高温多湿で人間にとっても過ごしづらいですね。
特にネコちゃんたちは、肉球に汗をかくことや、
鼻や舌から熱を放出する方法しかないため、体温調整が難しくなります。
そのため、パンティングと呼ばれるあえぎごえを出すような呼吸で、
体温を調整しようとすることから、
ニャオニャオと鳴き始めることがあるようですね。
不思議な事に、普段大人しい猫種ほどニャオニャオと鳴き、
活発な猫種ほど雨が降っても大人しいのだとか。
暴れる仔は、室内飼いの仔に多いと考えられていますが、
外に出られないストレスや、
雨音や気圧の変化がストレスになり、
落ちつきが無くなる仔もいるようですね。

 

おとなしくなるタイプの仔は、なるべくそっとしておいてあげましょう。
生理的な問題で、じっとしているだけかもしれません。
また、鳴いたり暴れたりする仔には、
湿度を減らせるように除湿したり、給水をできるようにしたりと、
工夫が必要かもしれません。
運動不足のストレスを感じているようであれば、
遊んであげることも大切ですが、
基本的にストレスをかけないように、
適度にスキンシップをとってあげるようにしましょう。

 

雨の日は私たち飼い主にとっても不快なものですが、
ネコちゃんたちにも嫌な日のようですね。
自分だけでなくペットたちも、
快適に過ごせるような梅雨にしたいところです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川町・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」

http://psnews.jp/cat/p/40379/