ネコちゃんのふて寝

ネコちゃんは、よく眠る生き物ですが、
明らかにふてくされて眠っているな、と感じる時はないでしょうか。
ネコちゃんも、ふて寝をします。
一体どのようなケースで、ふて寝をするのでしょうか。

 

基本的に、飼い主さんからの愛情不足を感じる時に、ふて寝するようです。
遊んでもらえなかったり、相手をしてもらえなかったりした時や、
帰りが遅く待たされている時、ご飯の時間を過ぎているのに忘れられている時、
自分以外の何かに愛情が向けられている時などです。
寂しさからか、諦めからなのか、拗ねてふて寝してしまうのでしょう。

 

ほかにも、ケンカに負けたりした時も、ふて寝します。
イタズラがばれてしまい、怒られた時、
獲物を捕まえられず、逃してしまった時など、
ふて寝するのは人間らしさを感じますよね。
また、呼ばれてもめんどくさい時は、ふて寝とは違うかもしれませんが、
たぬき寝入りをするようです。

 

こういったケースを見ると、やっぱりネコちゃんは気分屋で、
人間のように、恥ずかしがったり、照れたり、めんどくさがったりと、
意外と色々なこと考えながら生きているんだなと実感します。
普段は寝てばっかりの仔も、実は相手をして欲しくて、
うずうずしているのかもしれません。
ネコちゃんがその気になっている時は、たっぷりと愛情を注いで、
構ってあげるようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」

https://nekochan.jp/cat/article/8526