ネコちゃんも苦手な季節

ネコちゃんはもともと砂漠環境で生活していた仔たちですが、
夏場のような高温多湿には弱い生き物だそうです。
夏場は、ネコちゃんたちにどのような影響があるのでしょうか。

 

梅雨の間は雨が降り、日差しは強くありませんので、
あまり気を使わないことが多いですが、
ネコちゃんにとっては、蒸し暑いことで、
熱中症になりやすい環境でもあります。
梅雨などの湿度が高い時期は、ネコちゃんは体温調整がしにくいようです。

 

高温多湿は、カビや最近、ダニなどの繁殖がしやすくなります。
皮膚病や、耳の中のトラブルなどの可能性がありますので、
頻繁に痒がっているようであれば、動物病院で診てもらいましょう。

 

いつも通りご飯を放置しておくと、すぐにご飯は傷んでしまいます。
ネコちゃんがそれをもし食べてしまったら、大変危険です。
ドライフードであっても、長時間放置しないようにしましょう。

 

ネコちゃんが、トイレの臭いを気にすることもあります。
清潔に感じないと、ネコちゃんがトイレを我慢してしまいますので、
トイレをまるごと洗うなどして、清潔さを保つようにしましょう。

 

ネコちゃんは、夏場は涼しいところを探してゆっくりします。
蒸し暑いときは、部屋を換気したり、
空調を使うなどして、体調を管理してあげましょう。
お風呂場のひんやりとした空気が好きな仔もいます。
浴槽に落ちたりすると危険ですので、立ち入れないようにするか、
水を抜いておくようにしましょう。

 

食欲不振になる仔もいますので、
そういったときは、一回の量を減らして回数を増やして与えます。
水も痛みやすくなりますので、頻繁に水を変えてあげるようにすることと、
飲みに行くのが面倒に感じるネコちゃんのために、
水飲み場を増やしてあげるのも手です。

 

ネコちゃんも、梅雨や夏場は苦手な生き物です。
いろいろな対策を施して、一緒に辛い季節を乗り切りたいですね。

 

 
福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」

https://nekochan.jp/cat/article/9002