ペットたちの生活習慣病

ワンちゃんネコちゃんの飼育環境は、
この20年で大きく変わっているそうです。
平均寿命がぐっと延びた一方で、
生活習慣病のペットも増えていると言います。

 

ネコちゃんで言えば、3~4割の仔が肥満だと言われています。
肉食で太りやすい体質な上に、
ペットフードの与えすぎやオーバーカロリー、
室内飼いによる、運動不足などが原因です。

 

その上でまだ問題はあり、
高齢になった飼い主さんが、高齢のペットを介護しなければいけなくなる、
老老介護が挙げられます。
ネコちゃんくらいの仔であれば、負担は少なく済みますが、
中型、大型犬ともなると、散歩させるのも大変になってきますし、
何よりペットが寝たきりになることも考えられます。

 

今では欧米でもペットの肥満問題は取り上げられ、
世界中でペット用サプリメントの開発競争も盛んなのだそうです。
また、ペット向けの健康診断も注目されています。
「ドッグドック」「キャットドック」を行い、
CTスキャンなど、人間がするような健康診断がされるそうなのです。

 

生活習慣病は何も飼い主さんだけの問題ではありません。
ちょっと難しく感じる体調管理も、逆に考えて、
ペットと一緒に頑張ろうと思えば、乗り越えられるかもしれませんね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「FNN PRIME」

https://www.fnn.jp/posts/00426420HDK