獣医師の訪問医療

ペットブームと言われている昨今ですが、
実は全体の犬猫の飼育数は減少しているのだといいます。
ピークだった2008年に比べると、
ワンちゃんは3割、ネコちゃんは1割ほど減少。
しかし、以前としてペットブームは続いているという現状です。
そんなかでペットの平均寿命は、30年の間に2倍ほどに増え、
15歳前後まで生きる仔も珍しい事ではなくなりました。
一方で、飼い主さんの老ペットへの介護負担などが増えているのも確かです。

 

そこで獣医師の訪問診察が、今脚光を浴びているのだとか。
お年寄りが老ペットを介護するというケースも増えてきている中で、
動物病院まで連れて行く飼い主側の負担や、
老ペット自体が通院で肉体的・精神的な負担をやわらげることが出来る他、
獣医師さん自体も、開業のコストが安く済むメリットや、
ある程度診察の時間や回数をコントロール出来ることで、
1匹にしっかりとした時間をかけることが出来る、
というメリットもあるそうです。

 

また、犬猫向けの訪問介護サービスも登場しています。
通常のペットシッターサービスもあるそうですが、
容体が思わしくないけれど家を空けなければいけない、
みとり出来ないかもしれないから、
何もしなくていいから側に居てあげて欲しい、
など、飼い主さんごとの要望があり、利用されているようですね。

 

ペットの老介護はこの先も重要な問題になります。
各業界が手を取り合って、
より飼い主とペットが暮らしやすい世の中になると良いですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「日経トレンディネット」

https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/100901500/