ワンちゃんが後ろに隠れる時

筆者の愛犬と散歩中に、他のワンちゃんと会うと、
愛犬は筆者の後ろに隠れてしまいます。
あまり他のワンちゃんとコミュニケーションをとるのが、
得意では無いようですので、
初対面の相手だと仕方がないことかもしれません。
一般的には、飼い主さんの後ろに回り込む仕草は、
何かを怖がっているのだと思いますが、
なにも怖がっている時ばかりでは無いようです。

 

飼い主さんの後ろに隠れるのは、
主にワンちゃんが怖がっている時や、びっくりした時でしょう。
飼い主さんのことを信頼している裏返しでもあります。
似たようなことでは、愛犬が嫌いな物、
例えば掃除機をかける音が聞こえた時なんかは、
座っている飼い主さんの膝の上に、逃げてくることはないでしょうか。
飼い主さんに助けて欲しいと思っているのですね。

 

ワンちゃんの性格によっては、全く逆の事を考えている可能性もあります。
大好きな飼い主さんの事を守ろうと、後ろ側を警戒しているのです。
元々ワンちゃんは集団で暮らす動物ですので、
仲間同士で守り合う習性があり、
その名残で、飼い主さんを守ろうと考えるのですね。
怯えている場合にも言えますが、音や光を無駄に警戒している時は、
飼い主さんが声をかけてあげて安心させてあげましょう。

 

飼い主さんが気づかなくても、実は後ろに何かがあったのかもしれません。
たとえば足元の葉っぱや小さな虫など、
ワンちゃんには気になったのかもしれません。
よく確認してみて、取り除いた時に、ワンちゃんの興味が無くなれば、
それを気にしていたということでしょう。

 

単にくっついて安心したいということもあります。
飼い主さんの背中を守ると同時に、
自分のお尻をくっつけて、自分も安心できる状態になりたいのでしょう。

 

ワンちゃんが後ろに回り込むのは、
何かに気をとられてのことがほとんどのようです。
もし警戒しているのであれば、安心させてあげる必要がありますし、
何か興味を持っているのなら、見守ってあげるのも良いでしょう。
愛犬が考えていることを一緒に考えて、
理解してあげるようにしていきたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」

https://wanchan.jp/osusume/detail/14690