ペット飼いの在宅勤務制度

アメリカのミネソタ州にある、とある広告代理店では、
従業員の福利厚生の一環として「Fur-ternity leave」という、
制度を始めたそうです。

 

内容は、ペットを飼い始めてから1週間は、
在宅勤務がみとめられるというものです。
何とも奇妙な名前ですが、
これは英語で「父親の育児休暇」を表す「Paternity leave」をもじったもの。
父親の意味の「pater」と毛皮の「fur」をかけているのですね。

 

こういった福利厚生は、ペット飼いの方からすると、
とても有難いのですが、
ペットを飼っていない方々からすると不公平さを感じますし、
そもそもどんなペットでも、たとえば小魚でも制度が摘要されるのか?
などなど、いろいろと気になる点は出て来ます。
制度によっては線引きが難しいものもありますが、
ペット飼いも飼ってない人も、
恩恵が得られる良い制度が出来るといいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「TABI LABO」

https://tabi-labo.com/289117/wt-ninahale