お留守番のストレス

ペットを飼う時に気になることの1つとして、
「留守番させてしまうことになる」という点が挙げられると思います。
同居者がいれば話は別ですが、
一人暮らしの場合は避けられない問題です。
特にワンちゃんは、今生の別れかのように悲しむ仔もいます。
彼らにとっては、留守番は非常にストレスになるのです。

 

元記事に掲載されている内容によれば、
ワンちゃんの留守番時のストレスのピークは、
30分後だと言われているようです。
ストレスのはけ口として、トイレシーツをやぶってみたり、
粗相をしてしまったりもしますね。
そしてこのストレスへの耐性の強弱は、
犬種や個体差によって異なっているのだとか。

 

では、ストレスに弱い仔は、
毎回悲しい思いをしなければいけないのでしょうか?
一応、少しずつトレーニングすることで改善させることは出来るようですが、
トレーニングするのは、やはり仔犬の時が最適なようです。
飼い始めのころから、留守番は悲しいものでは無い事を教えてあげましょう。

 

多頭飼いの場合は、ワンちゃんも家族が一緒なので、
寂しくないのではないか?と思うのですが、これも一長一短あり、
ワンちゃん同士で学習しあうことがあるようですね。
つまり、寂しくないという事を学ぶ仔もいれば、
寂しいという事を学んでしまう仔もいるようなのです。

 

一人暮らしでのペット飼育は、
帰った時に家族がいてくれるという安心感があると思いますが、
反面、留守番を強いてしまうという心苦しさもあります。
せめて、きちんとしたトレーニングをしてあげて、
少しでも悲しみやストレスを軽減させてあげたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。

 

******
元記事:「カラパイア」

http://karapaia.com/archives/52238495.html