人気がある長毛種のネコちゃん

ネコちゃんには毛が短めの短毛種と、長めである長毛種がいます。
どちらもネコちゃんですが、さわり心地が違いますので、
こちらのほうが好みというのはあるかもしれません。
そんなネコちゃんの長毛種の中でも、
人気の種類が元記事で紹介されています。

 

ネコちゃんの種類は、世界中で100種類以上あると
言われているのだそうです。
そんな中でも、長毛種の猫の中でも人気があるのは、
・ペルシャ
・マンチカンロングヘア
・スコティッシュフォールドロングヘア
・ラグドール
・メインクーン
・ノルウェージャンフォレストキャット
・アメリカンカール
・バーマン
などがあげられるそうです。
それぞれ穏和だったり、活発だったり、
甘えん坊だったり遊び好きだったりします。
共通しているのは、
どの仔もわりと人間や他のネコと仲良く出来るようですね。

 

そもそも砂漠に暮らしていたネコちゃんたちに、長毛は不要だったはずですが、
今の長毛種は、突然変異で生まれた仔たちではないかと考えられています。
一説によれば、チベットのマヌルネコからイエネコに、
長毛の遺伝子が引き継がれたという話もあるそうですが、証拠はないそうです。
また、アメリカ北東部出身のメインクーンのように、
寒く厳しい環境を生き抜くために、身体が大きく、長毛に進化し、
環境に適応していったという話もあるそうです。

 

長毛種のネコちゃんは、日頃のケアが大切です。
毛玉が絡まり、細菌が増殖して、皮膚炎の原因になったりしますので、
日頃からのブラッシングはもちろんですが、
毛玉がひどい場合は、トリミングするようにしましょう。
自分で毛づくろいもするのですが、飲み込んだ被毛が猫の胃の中で固まる
毛球症というものにも注意が必要です。
ネコちゃんが飲み込む毛の量を減らすためにも、
毎日欠かさずブラッシングしてあげましょう。
毛を清潔に保つためにも、頻繁にシャンプーをしてあげたくなりますが、
回数が多いと、ネコちゃんの皮脂まで洗い流してしまうため、
あまりよくありません。
全身を洗うのは、1~2ヶ月に1回程度にして、
汚れがある箇所だけ、部分的にシャンプーをしてあげるか、
ドライシャンプーをするようにしましょう。

 

長毛種の魅力である毛並みを保ち、
ネコちゃんを健康に維持しておくのは、手間がかかります。
しかし、どの仔も大変魅力的なネコちゃん達ですので、
もし機会があるのであれば、しっかりとケアしてあげて、
自慢の毛並みを堪能したいところですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」

http://psnews.jp/cat/p/42093/