ワンちゃんが自分の爪を噛む理由

元記事では、ワンちゃんが爪を噛む理由と対策について書かれています。

 

ワンちゃんが爪を噛む理由は複数あるようです。
ひとつは、ストレスから噛み始めることがあります。
その原因は様々ですが、散歩が短かったり、運動不足だったり、
飼い主さんにあまり構ってもらえてないなどが理由でしょう。
また、しつけの方法に不満があっても、爪を噛むことがあるようです。
生活の中での愛犬への対応を変えることや、
しつけの方法の見直しなどをすることで、爪を噛むことへの対策になります。

 

ワンちゃんが暇に感じている時に、爪を噛む癖があったりしませんか?
仔犬の頃に歯がむずがゆい時、爪を噛んだりしていた場合、
大人になってもその癖が抜けないことがあります。
仔犬の時に止めさせるのは難しく、かえってストレスになりますので、
犬用ガムなどを与えて、爪以外の噛んで良いものを噛ませるようにしましょう。
大人になってから直す場合も、ガムや骨などを噛ませて、
気を紛らわせるようにすることが良いでしょう。

 

人間でも同じような人がいるように、
緊張から爪を噛む癖を持っているワンちゃんもいます。
爪を噛むことで、自身を安心させようとしているようです。
緊張の理由にもよりますが、環境の変化が原因であれば、
模様替えや引っ越しなどを繰り返さず、安定した環境を用意してあげましょう。
人見知りの仔である場合、来客が原因だったりもしますが、
これは暫くしたら慣れるようですので、楽観視してもいいでしょう。

 

単に爪が伸びていて気になっている場合もあります。
対策は簡単で、定期的に爪を切ってあげるだけです。

 

エリザベスカラーをつけることで、無理やり爪を噛めないように出来ますが、
これは根本的な解決になっていないので、おすすめ出来ません。
また、靴下を履かせて爪を噛めないようにする方法もあります。
しかしこちらも、靴下を噛んで破ってしまったり、
脱いでしまったりする仔もいますので、注意が必要です。
ベターな方法として挙げられているのが、ワンちゃんの爪に、
ワンちゃんが嫌がる味の薬品を塗っておくこと。
もちろん、ワンちゃんが口にしても大丈夫な、専用の物を用意しましょう。
ワンちゃんは匂いや味から、爪を噛むと美味しくないと感じ、
比較的にすぐに、爪を噛むことを止めるそうです。

 

ワンちゃんが爪を噛む理由は様々ですが、
大切なのは根本的な理由を知ってあげて、解決してあげることです。
その上で、爪を噛まないように矯正してあげるようにします。
なるべく愛犬の負担にならないような方法で、しつけし直せると良いですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「mofmo」

https://mofmo.jp/article/5806