ワンちゃんとの散歩での注意点

ワンちゃんとの散歩の時間は、
ワンちゃんにとってのストレス解消、運動不足解消の機会ですが、
飼い主さんとの絆を深めるチャンスでもあるそうです。
元記事では、そんな散歩の時にやってはいけない行動がまとめられています。

 

散歩の時、ワンちゃんがこちらをチラチラとみているのに気付いてますか?
このアイコンタクトは、ワンちゃんからの、
「楽しいね」「頑張って歩いてるよ」といった、メッセージなのだそうです。
せっかく絆を深める機会なのですから、
気付いた時は声をかける、笑顔を見せるなどして、
リアクションしてあげるようにしましょう。
また、散歩の時にスマホ歩きする人もいるそうですが、
こちらは大変危険ですし、ワンちゃんを無視する事にも繋がります。
どうしても使用する必要があるときは、
安全な場所で立ち止まって使用しましょう。

 

たまに自転車に乗ってワンちゃんを走らせている飼い主さんもいますが、
これも大変危険な行為です。
ワンちゃんが急に方向を変えたりしたら、自転車が危険ですし、
自転車のスピードにずっとついていかないといけないのは、
とても負担がかかることです。
自転車のカゴに乗せて走るのも、
急に飛び出したりする危険がありますし、避けるのが無難でしょう。

 

筆者も時々目にしますが、
ワンちゃんのうんちやおしっこをそのままにしている方もいます。
うんちは持ち帰り、おしっこは水などをかけてきれいにしましょう。
おしっこは、他人の家の前などではさせないようにしましょう。

 

リードの長さが極端に長かったり、ノーリードでの散歩も危険です。
ワンちゃんが、他のペットや人に飛びついたり、
車道へ飛び出したりする可能性もあります。
何かあった時に制御できる長さをキープするようにしましょう。

 

ワンちゃんの散歩では、ワンちゃんたちが主役のように感じますが、
飼い主さんのマナーも大切なことです。
地域の人たちも皆楽しく生活できるように、
日頃から気をつけておきたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」

https://wanchan.jp/osusume/detail/14014