ペットの防災

ペットの防災について何か具体的なことはされていますでしょうか?
過去の災害から、国でもペットの災害対策は進んでおり、
環境省は人とペットの災害対策ガイドラインをまとめたそうです。
また、一部の自治体では獣医師会などが、
独自に防災ブックを発行するなどしているようですね。

 

今の季節、大雨などは考えづらいですが、
大雪で帰れなくてペットが凍えるということはあるかもしれません。
寒波が予想される時には、毛布などにくるまれるように、
準備しておくようにしたいですね。
地震の心配は常にありますので、揺れても逃げ込める安全地帯は必要です。
窓や家具のガラスが割れても危なくない場所で、
家具が倒れ込んでこないような場所を確保して、
いつでも逃げ込める場所として教えておきましょう。
ネコちゃんなら、ベッドの下などでも大丈夫でしょう。

 

夏場の場合、停電で空調が止まってしまっても危険でないように、
なるべく涼しい場所を選んでおくのも大切です。
大雨が予想される時は、2階など高所で留守番をさせましょう。

 

私たち人間もそうですが、
防災のためにやっておくべきことはたくさんあります。
少しずつ取り組んでおけば、いざという時に、
助かることもあるのではないでしょうか。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「zakzak」

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/181018/eco1810180006-n1.html