ワンちゃんネコちゃんの実年齢

ワンちゃんの年齢やネコちゃんの年齢は、
人間の年齢に換算するには、
その仔の年齢に7をかけると言われているそうです。
割と広く知られていることのようですが、
小型犬や大型犬、猫などの多様な種類を考慮しているわけでは無いそうです。
では愛犬愛猫の実年齢は、どのように計算するのが良いのでしょうか?

 

今のワンちゃんネコちゃんたちは、
アメリカ動物病院協会が定めた「ライフステージ(成長段階)ガイドライン」
をベースにして、犬の生涯を6つのカテゴリーに分類できるのだそうです。
子犬期から老年期まであるのですが、中型犬である場合、

 

子犬期(0~0.5歳):生まれてから成熟するまで
ジュニア期(0.5~0.75歳):生殖の成熟、発達途上
成犬期(0.75~6.5歳):成長の停止、生殖的、生体構造的な成熟
成熟期(6.5~9.75歳):平均寿命の残り半分から25%
シニア期(9.75~13歳):平均寿命まで残り25%
老年期(13歳以上):平均寿命超え

 

という風に分かれます。
人間に合わせて考えると、大体の仔が1歳過ぎた頃に20歳。
それから5.5歳から6歳が45歳。
巨大犬・超大型だと10歳前に80歳になり、
小型犬などでしたら、15歳前後で80歳です。
ネコちゃんのほうは大きさにそれほど差はないですので、
猫種で分かれたりはしません。
16歳の前から老年期に入るようです。

 

成長段階によって、与えるご飯(栄養)や運動の程度など、
適切な接し方が変わってきます。
もちろん、愛犬愛猫の個体差もあると思いますが、
獣医師さんと相談しながら、
きちんとした生活を送れるようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ニコニコニュース」

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3786211n