ネコが伸びるのはなぜ?

ネコちゃんは体がやわらかく、見た目以上に狭い隙間にも入れたり、
小さな穴から出入り出来たりします。
よほど太ったネコちゃんでなければ、
頭が入れば一見無理そうな穴でも通り抜けられたりと、
本当に見た目によらない生き物です。
また、伸びをしたときの長さは本当に驚くほどで、
自分もそこまで長くなれるのかと試してみたくなりますね。
ネコちゃんたちは、なぜそこまで長く伸びれるのでしょうか。

 

その秘密は、骨の多さにあるのだそうです。
彼らは「胸椎」「肋骨」「腰椎」が、人間より1~2本多いのだそうです。
また肉食であるため腸が短く脊柱が内臓を支える必要性が低いことから、
柔軟性が高いということです。
そのうえ、ネコちゃんのやわらかくたるんだ皮膚は、
素早く動くのに適しているほかにも、
伸びた時大きく広げられるという特徴があります。

 

伸びることが出来る理由はわかっても、
なぜ彼らは伸びているのかも疑問ですね。
私たちがついつい伸びをするように、
動く前の準備だったり、一休みする前のストレッチだったりするようですが、
伸びることで血液の循環を促したりしているとも考えられています。
他にもリラックスのためや、緊張状態をほぐすためだったり、
時には飼い主さんに甘えることを自制していたりもするのだとか。

 

ネコちゃんは伸びひとつでもいろいろな感情を表しているようです。
気持ちよさそうにお腹を出して寝そべっている時は、
そんなことを考える必要もなさそうですが、
余所でネコちゃんに会った時は、
伸びをすることがリラックスしていることと思っていたら、
逃げられたり、怒って噛みつかれたりするかもしれませんね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川町・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」

http://psnews.jp/cat/p/39902/