獣医師によるペット虐待

海外のニュースで、時折耳にする話ですが、
ベビーシッターさんが、依頼者の子どもたちに暴力を振っていた、
というようなことがありました。
悲しい事に、私たちの住む日本でも、
保育所や小学校の先生たちが、いじめに加担したような話も聞きます。
やはり、他人に我が子を任せるというのは、なかなか心配なものです。

 

もちろん、犬猫などペットの場合でも同じです。
ペットホテルやサロン、獣医師さんなどに我が仔を任せた時、
果たしてこの人は信用できるか?という思いを持つ飼い主さんも、
いらっしゃるのではないでしょうか。
筆者の実家の側のペットサロンでは、
お客さんのペットに暴力を振っているのではないか、という噂もありましたし、
実際、愛犬はそのペットサロンを嫌がっていたらしいです。
真偽はともかく、そういう噂が立たないよう、
大体のペットサロンは外から見えるガラス張りなのでしょう。

 

私たち飼い主の目の届かない所で、ペットたちが何かされているとしたら、
飼い主としては、これほど腹が立つことはないでしょう。
カナダでは、なんとペットたちを救う立場にあるはずの獣医師さんが、
ペットを虐待していたというのです。
元記事によれば、動物病院に勤務していたスタッフたちが、
虐待の証拠をビデオに収め、カナダの獣医師会に提出したそうです。
しかし、昨年までの2年間もの間、獣医師は処分されずにいたばかりか、
半年ほどの停職処分が済み、復職したのだとか。
これに対して、市民らは抗議のデモを行い、
より多くの人に、虐待をする獣医師であることを知ってもらうとしています。

 

信頼できるはずの人が・・・、という事件・事故は、時折耳にする話です。
物言えぬペットちゃんたちのためにも、
少しでも良い、信じられる業者選びをしたいところですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区)
福岡市近郊(那珂川町・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「エキサイトニュース」

http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170301/Techinsight_20170301_356101.html