人とネコちゃんの歴史

ネコちゃんの歴史は古く、一体いつ頃から人間のペットとなったのかは、
はっきりとはしていません。
一番古い発見によると、キプロス島の遺跡から、
9500年前の埋葬跡が見つかっているのだそうです。
島にネコがいるということは、人間が連れてきたと考えられるので、
その時には既に、一定の関係があったのではないかと思われます。

 

より人間との距離が近づき始めたのは、
人間が農耕を始めた頃からではないかと考えられています。
穀物を狙ってくるネズミなどのげっ歯類をネコが狙うようになり、
共存関係となったところから、スタートしたといいます。

 

やがて古代エジプトでは、ネコがペットとなり、
交易とともに世界中に広がっていきました。
ネズミ退治のために、船に乗せられることもあり、
一緒に世界中を巡っていたようです。

 

日本には、仏教と共に中国から渡来したと考えられていますが、
弥生時代の遺跡からネコの骨が出土したといい、
近年では弥生人と共に日本へやってきたという説もあるようです。
江戸時代になると、ネコはここでもネズミ退治のために重宝されました。
縁起が良い動物とされ、浮世絵にもたくさん描かれています。

 

いまではすっかり人間のパートナーとしての地位を築いているネコちゃん。
しかし、保護猫の殺処分の問題や、ノネコの野生動物との問題など、
問題が顕在化しているのが実情です。
人とネコと他の動物たちとのバランスをとり、
皆が幸せに暮らせるような仕組みづくりが必要ですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペトこと」

https://petokoto.com/articles/2908