ペット販売業者の優良認定制度

福岡市では今春から、市の独自の基準を満たした、
犬猫の販売事業者に対して、優良認定をする制度を導入するのだそうです。
市内での殺処分ゼロを達成するための施策の一環で、
なかなか減らない捨て犬・捨て猫への対策として、
販売店を通して、飼い主にペットを飼うことへの責任を、
自覚してもらう意味もあるようです。

 

優良認定には、いくつか条件があり、元記事で言及されているものとして、
1.店頭などで市が保護した犬猫を譲渡していることを、
来店客にアナウンスする
2.販売前に事業者が飼い主に対して、
飼育方法や責任を自覚するよう講習会を開く
3.遺棄を防ぐため、飼い主情報を登録できるマイクロチップを、
皮下に埋め込んだ犬猫だけを販売する
といったものが挙げられます。

 

殺処分ゼロは、とても有意義な事ですが、重要なのはその裏です。
多くの場合、処分前に保護してくれるところが見つかったというだけで、
保護される犬猫がゼロになったという意味ではありません。
捨て犬・捨て猫たちが減らなければ、
本当にかわいそうな仔たちがいなくなったとは言えません。

 

ペットを飼うこと自体を許可制にするべきだというような話もありますが、
それだけで解決できる問題ではありません。
間口を狭くするということではなく、私たち人間が、
ペットを飼うことに対して、大きな責任を感じ、
彼らに接していく必要があるのだと思います。
しかしながら、この先、捨てられるペットたちをゼロにしていくのは、
かなり難しいことでしょう。
大きな目標に近づくためには、理想だけでなく、現実的な対策を交えながら、
一歩一歩進んでいく必要があるのだと感じます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川町・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「毎日新聞」

https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00e/040/216000c