pet-lifesupport のすべての投稿

野良猫や迷い猫を保護する時に注意したいポイント

 

公園や空き地には今も野良猫ちゃんが住み着いていることがありますよね。家猫と野良猫の平均寿命が大きく異なる事はご存知でしょうか?家猫の平均寿命は15才前後であるのに対し、野良猫の平均寿命はたったの5年前後と言われています。その理由としては、断トツで生活環境の悪さがあげられます。仮にお家で飼われていた猫が迷子になってしまった場合、慣れない外での生活は困難を極めるでしょう。

 

●野良猫を保護するということ

野良猫には猫白血病や猫エイズといった一生ものの感染症を持っている子たちがいます。母猫から母体感染でウイルスをもらってきているケースや、他の猫との接触で感染しているケースなど様々です。発症せず天寿を全うできる子もいますが、中には保護して間もなく闘病が必要になる子もいます。その他にも寄生虫や猫風邪など治療が必要になる事が多く、それに伴った支出は避けられません。猫を保護するという事はその子の人生の最後まで責任を持って面倒みるという事です。先住のペットちゃんがいる場合もそうですが、保護した後の生活を熟考したうえで行動に移しましょう。

 

●保護した後に必要な医療

先ず野良猫を保護して最初にしたいことは、動物病院の受診です。人に慣れていない子は診察すら難しい場合もありますが、外で生活をしていた猫はお腹の中に寄生虫がいたり、ノミやマダニが寄生しているかもしれません。お腹の虫下しやノミダニの予防薬をだしてもらいましょう。自宅に先住猫がいる場合は、猫エイズや猫白血球など感染する可能性があるのでウイルス検査を行っておくと安心です。

 

●生活環境は注意が必要

成猫は非常に警戒心が強く、またストレスに敏感です。環境の変化に適応するまではあまり食事もとりたがらないかもしれません。最初の数日は広めのサークルやケージに入れて少しずつ新しい環境に慣らしていくと良いかもしれません。慣れてきたら部屋に開放し本人の気が済むまで探索させてあげて下さい。しっかり食事がとれ、多少警戒心が和らぐまではこちらからは干渉しないようにします。温かく、美味しいご飯が出てくる場所と猫ちゃんが理解してくれるまで根気強く待ちましょう。

 

 

●迷子だった場合の対処法

保護したときに首輪をつけていたら野良猫ではなく迷子かもしれません。飼い主探しが必要になる為、動物病院で迷子猫であることを伝えマイクロチップの有無を見てもらいましょう。マイクロチップとは、体内に埋め込まれた小さな端子で専用のリーダーで読み取ることで飼い主情報や住所などを閲覧することが可能です。マイクロチップが無かった場合は、警察署や保健所に届けが出てないか確認しつつ保護状態を伝えます。その方法としては、張り紙なども効果的ですが今現代では、SNSを利用するのも効果的だと言えるでしょう。TwitterやInstagramなどで検索、拡散すると飼い主さんが見つかる確率がより上がります。どうしても見つからない場合は、家族として迎え入れてあげることもひとつの手段と言えるでしょう。

 

 

野良猫ちゃん達は過酷な環境にいながらも自由に楽しく生活しているかもしれません。家族になるかこのまま外で暮らしていくか、本人の希望を聞くことは出来ませんが、猫ちゃんにとって幸せな生活が出来るようにサポートしてあげましょう。

 

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

犬のしっぽの役割

形も長さも色々・・・犬の尻尾はどんな役割があるの?

 

喜びや恐怖、いろんな感情を教えてくれる愛犬の可愛い尻尾。ワンちゃんたちの尻尾は形や長さも様々。そもそもワンちゃんの尻尾にはどの様な役割があるのでしょうか?

 

犬の尻尾の役割とは

犬の尻尾には皆さんも御存知の通り、感情表現の役割があります。また、体温調節が苦手な犬にとっては尻尾は大切な温度調節のツールでもあります。寒い時は体を丸めるようにして、尻尾で顔を覆い体温を下げないような体制で過ごしているかと思います。その他、運動時には尻尾をうまく使って体のバランスを取る事も。

 

尻尾から読み取れる感情はたくさん

大きく横に振っているのは嬉しい時!というのはポピュラーですが、その他の感情はどの様に尻尾が動くかご存知でしょうか?実は、横に振っていても喜びではなく極度の興奮状態という場合もあります。尻尾を垂らしたまま左右に振っている時はリラックスしている時やワクワクしている時です。ピンと立てている時は警戒中のサイン。体の内側に丸めている時は恐怖や痛みを感じている時です。下がったまま左右に小さく揺らしているのは服従やおべっかを使っている時・・叱られている時に見られるかもしれません。

 

短くても大丈夫?

中にはとっても尻尾が短い子もいますよね。防寒や運動面で大丈夫かな?と不安に思うかもしれませんが、基本的に心配する必要はありません。室内飼いであれば寒さの心配はほとんど不要です。お散歩時は洋服などで対策してあげましょう。外飼いの場合はブランケットなどを用意してあげると安心です。また、運動面でもないならないで上手く適応していきます。犬の体は嗅覚や聴覚が優れている器官が多いので、尻尾の長い子たちとなんら変わりなく過ごしていけるでしょう。

 

断尾という文化

日本には(断尾)という尻尾を得てあえて短くする為に切断する文化が根強く残っています。プードルやシュナウザー、コーギーなど決まった犬種の犬たちはほとんどが断尾されています。その目的は非常に曖昧で、猟犬として使われていた頃の怪我防止という習慣の名残り。そしてもう一つは、ジャパンケネルクラブなど血統書を発行する団体が定める規定に断尾されていることが条件として明記されているからです。つまり、メリットは見た目の美しさ、そして血統書発行条件をクリアする為に断尾しているという事です。断尾は生後数日の子犬期に無麻酔で行われます。その理由は、生後数日であれば痛覚の発達が未熟なので犬に負担なくできる為とされています。しかしあまりにも痛くて鳴く子もいます。断尾について、そのメリットデメリットについて様々な意見があり賛否両論ですが、人間のエゴでやっていると考えると本当に必要な物なのか一度考える必要があるでしょう。

 

 

ワンちゃんの体調や気持ちの変化を判別することも出来る大切な尻尾。ぜひ日頃から愛犬の尻尾の動きに注目してみて下さいね!

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

福岡市のワンちゃんショコラちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.59」

福岡市のワンちゃんショコラちゃんの飼い主O様

 

 

丁寧に説明してくれて、お骨をなるべく残さずとの事で小さな骨まで拾ってくださいました。どの部分の骨など説明してくれて、分からない飼い主がほとんどだと思うので細かな気配りが嬉しかったです。

 

急かされたりも全くなく、ゆっくりとお見送りが出来るようにしてくれたので、また次も利用したいと思うし、周りにも勧めたいです。

料金もきっちりと表示通りで、ありがちなオプションなどしつこく勧めたりもなく、丁寧な接待で安心して利用できる会社です。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

子猫の睡眠サイクル

子猫を初めて飼った人は、あまりに長い時間子猫が寝るので具合が悪いのかと心配するかもしれませんが、猫は睡眠時間が長い動物なので心配いりません。

ネコ科は肉食動物です。

肉食動物は狩りをする時間以外は体力温存のため、長く休息を取ります。寝ている時間は成長ホルモンが分泌されるので、たくさんの睡眠時間が必要なのです。

1日20時間以上寝る子猫が多く見られます。

そして一般的に子猫の睡眠は、だんだん飼い主の生活スタイルに合っていきます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ミニチュアシュナウザーのるなちゃん

先日当園でお葬式と火葬をされたミニチュアシュナウザー13歳の女の子。名前はるなちゃんでした。過去にりきちゃん、れんちゃんが当園より旅立っていました。ペットライフサポートの待合室にはペットちゃんへのお手紙を書けるシステムがあり、思い出を振り返ることができるシステムがあります。今回ご家族様が書かれていたお手紙の中で微笑ましい一文を見つけましたのでご紹介します。これを読んだだけでも暖かい家庭の中で楽しく健やかに過ごしていたのだろうなと悲しみの中に良い思い出として刻まれているのだと感じました。今頃、みんなと一緒に遊んでいることでしょう。るなちゃん、いってらっしゃい。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

仏壇の閉眼供養と開眼供養

今回はお客様宅にて仏壇供養のお手伝いをさせていただきました。引越に伴い処分が必要になったとの事での依頼でした。また引っ越し先で新たな仏壇が必要との事で、そちらの準備もお手伝いしました。仏壇を処分する時には魂抜きと言われる「閉眼供養」、仏壇を新調する時には魂入れと言われる「開眼供養」が必要です。今回は二つの供養を一緒に行いました。ご先祖様、祀られているご本尊様にお供え物をしてお経をあげていただき無事終了です。時間は約15分といったところでしょうか。終ったあとは新仏壇を新しいご自宅へ設置に行き、旧仏壇はライフサポート本社がある早良区小笠木の山でお焚き上げをいたしました。ライフサポートへ依頼するメリットとしては、人任せにせずに全て自分たちで行うことです。お焚き上げするところまで自社で行い、終了報告も画像付きでご連絡しております。どこでどのような方法でいつ処分されているのかという不安は解消されます。また価格的にも一般的なお仏壇供養は3万~8万が相場で仏具備品関係は追加料金が発生することもありますが、ライフサポートでは全て込々で5万円です。またお寺様へのお布施も含まれます。今回新たに準備したお仏壇も四国の森正株式会社様の商品を定価の半額で提供させていただきました。国産品で10年保証がついてです。お客様、亡き人、ご先祖様が喜んでいただけるような対応をこれからもしてまいります。もちろんペットちゃんのお仏壇を用意することも処分することも可能ですのでお問い合わせください。

ウサギの換毛期について

①ウサギにも換毛期はある?

犬や猫と同じようにウサギにも換毛期はあります。野生の野ウサギは換毛によって毛色が変わり、夏は茶色・冬は白になる事が知られています。冬は雪景色の中で見つかりにくくする為に、耳先の黒を残して前が白に変わるウサギもいます。私たちが一般的に家族としてお迎えする飼いウサギでは、毛色の変化はありませんが、毛が生え変わる事で色の濃淡が変わったと感じる場合もあります。中には、身体や周りの毛が生え変わる事で顔つきや模様が変わったように見える子もいます。

 

 

②ウサギの換毛期はいつ?年に何回?

ウサギは年に四回、およそ三ヶ月に一回は換毛すると言われています。特に目立つのは、冬から夏毛へ、夏毛から冬毛へ生え変わる換毛でごっそりと毛が抜ける為、「大換毛」と呼ばれています。大換毛は本来は、春と秋にするものですが生え変わりの時期は個体差があり一定していません。人と暮らすウサギは一年中温度管理をされた環境にいる為、必ずしも季節の変わり目ではなく少しずれて大換毛が起こる場合もあります。

 

 

③ウサギの換毛期の期間

換毛期の期間もウサギによって異なりますが、目安は1~2週間ほどです。この期間は毛のお手入れや抜け毛の掃除が大変です。

 

 

➃換毛期に起こる変化

換毛にはエネルギーを使うため、牧草を普段よりたくさん食べるようになったり、少し運動量が減って大人しくなったりします。また、抜けた毛を大量に飲み込んでしまうことで、毛の塊がお腹に詰まり毛球症を起こすことも。この時期は、食欲があるかやウンチはちゃんと出ているか体調管理が必要となります。毛で繋がったウンチが出て食欲が無い場合は要注意です。ウサギにとって一日でもウンチが出ていないことは体に異変が起きているサインなのですぐに病院に連れて行きましょう。

 

 

⑤換毛期中のブラッシングやグルーミング

換毛期の間は毎日ブラッシングを行いましょう。毛を取り除きやすいのはスリッカータイプのブラシです。固いブラシの先が皮膚にあたるとウサギは嫌がってしまうこともある為、まずは手やラバーブラシで抜け毛を浮かせて表面にスリッカーブラシをかけるようにしてあげましょう。手を使って行うハンドルグルーミングという方法もあります。ブラッシングがそもそも苦手!という子でも、換毛期のブラッシングは必要不可欠になるので、少しずつでも良いのでブラッシングに慣れてもらうようにしましょう。ブラッシングを頑張ったらご褒美を貰えると覚えさせるのも良いかもしれませんね!

 

 

⑥換毛期中のウサギはデリケート

換毛で消耗したり、毛の呑み込みすぎで胃腸トラブルがあったりと、換毛期のウサギは何かとデリケートです。換毛期に必要なお手入れや健康チェックを欠かさないようにする一方で、あまり構い過ぎないようにしましょう。日々の運動は換毛期を乗り越えるためにも必要な事なので、お部屋での散歩は欠かさないようにしましょう。

 

 

⑦まとめ

ウサギの換毛期は意外と多いものです。お手入れの手間が増えたり、ウサギの見た目がボサボサニなったりとマイナスなイメージもありますが、換毛期の期間限定のモコモコになった姿もまた愛おしいものです。お手入れもお掃除もやりやすい方法を探して何度も訪れる換毛期をウサちゃんと共に乗り越えて下さいね!(^^)!

 

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

供養祭報告

2021年3月21日の日曜日に家族葬専門式場もみじ会館で春のお彼岸供養祭を開催させていただきました。今回は46匹のペットちゃんの供養をさせていただきました。コロナウィルスの関係で来場される方より、YouTube配信ご希望の方が多かったですが、こういう供養祭には良いかもしれません。毎回参加される方が増えていますので(^^)供養後にはお寺様より法話「輪廻転生」についてありがたいお言葉をいただき、いつかまた巡り合える希望をもらえた時間を過ごさせていただきました。終了後にはお花をご自宅まで御届けさせていただきました。YouTubeでも見れますのでお時間ある方は是非ご覧ください。次回は2021年7月25日お盆供養祭として執り行います。多くの方のご参加をお待ちいたします。 合掌

犬が欠伸をする本当の理由

犬のあくびの理由とは?眠いだけじゃない本当の理由

 

1.眠い

犬も人と同様、眠い時に生理的なあくびをします。眠い時の欠伸は脳に酸素を送り、血行を良くするために酸素を多く取り込もうとしています。

 

2.自分や相手を落ち着かせたい

緊張を和らげて、リラックスしたいというサインです。犬同士のコミュニケーションの方法であり、「カーミングシグナル」と呼ばれています。

 

3.ストレスを感じている

犬は不快感を抱き強いストレスを感じている時も欠伸をします。病院や苦手な場所に着いた時、欠伸をしている愛犬を見たことはありませんか?

 

4.人間のあくびがうつった

実は犬も欠伸がうつると言われています。特に人と犬の絆が強いほど伝染しやすいようで、飼い主さんの欠伸がうつったら愛犬との絆がしっかりできている証拠かもしれませんね♪

 

5.病気や不調のサイン

急に欠伸が増えたり、体調が悪いようなそぶりを見せたりしたら病気が潜んでいる可能性があります。

 

★あくびの種類

1.ドッグランで思いっきり遊んだ後のあくび

運動後で酸素不足の為欠伸がでます。これは、脳に酸素を多く取り込もうとしているため、欠伸が出たら休ませてあげましょう。

 

2.怒られている時のあくび

叱っている時に欠伸をすると反省してないように思うが、愛犬からすると「ごめんなさい」と思っている場合もあります。又、頻繁に怒られている場合は「早く終わってほしい」とストレスを感じているかもしれません。

 

3.散歩中のあくび

散歩中に他の犬と会って愛犬が欠伸をしたら、相手に「争うつもりはないです」とカーミングシグナルを使って伝えています。

 

★あくびから考えられる病気

1.【低血糖】チワワや超小型犬、子犬に多い

 

2.【貧血症】元気がなく動かない・呼吸が早い・おしっこの色が赤い・歯茎など口腔内が白っぽくなるという症状がある

 

3.【うつ病】長時間強いストレスを感じたりすると、犬も心の病にかかることがある。

 

4.【歯の不調】欠伸をしながら、「キャン!」と鳴いたりするともしかしたら歯が痛いのかもしれません。

 

★あくびをした際に見ておきたいポイント

1.舌の健康状態

 

舌の色がピンクではなく、変色していたら要注意

 

【紫】チアノーゼを起こしている可能性があります。心疾患や呼吸器疾患など病気によって低酸素状態である可能性が高い。

 

【白】貧血の可能性があります

 

 

愛犬が欠伸をしている姿は本当に可愛らしく、思わずこちらも笑顔になってしまいますよね。しかし、欠伸をする背景は様々で、時には大きな病気が原因になることもあります。日頃から愛犬の元気や食欲などを観察することで、ちょっとした体調の変化に気づいてあげられるようになります。愛犬が欠伸をしている時は、たかが欠伸と思わず、いつもと違う症状がみられる場合はすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

 

キャットシッターさん

こんにちは、皆様お元気でしょうか?本日はキャットシッターさんをご紹介いたします。恥ずかしながらキャットシッターさんがいるとは、、という感じでそういう方がいるのだと昨年初めて知りました。確かに我が家のネコ兄さんも外に出るのは滅法だめで、一度近所のお店に連れて行ったら、ずっと鳴いていました。以来、旅行に行くなどは日帰りか1泊2日まで、それ以外の場合は実家の両親に住み込みに来てもらうといった感じで、予定を確認しながらという感じでした。でもキャットシッターさんがいれば安心!!様子を見に来てくれて食事の世話や排せつ物の掃除、おもちゃで遊んでくれたりもするそうなのです。どうしても見てくれる人がいない時などは頼りになる存在ですね(*^_^*)写真はうちの仔達を可愛がってくれるキャットシッターさんです。

マッシュ君

先日、お付き合いのある浄土真宗のお寺さんのミニチュアダックスフンドのマッシュ君が亡くなりました。御年19歳10か月。2ヶ月はお腹の中にいるので、この世に生を受けてちょうど20年のなんとも素晴らしい犬生を全うされました。若いころは住職がお経をあげている横に座っておとなしく法事に参加してお参りの人たちに癒しを与えていたそうです。この20年の間に妹や弟が先に旅立ったり、ヘルニアをして手術をしたりと様々なことがあったようですが、最後まで寝たきりになることもなく、昨年末に伺った際も元気な姿を見せてくれていました。お寺でお通夜・葬儀を行い、お経もきちんとあげて供養されていて、マッシュ君の喜んでいる姿が目に浮かんできました。今頃、兄弟仲良くお浄土で楽しんでいるかな?またいつかお寺に戻ってきてくれることを念じまして。合掌。

第10回ペット供養祭のご報告

いつもペットライフサポートをお引き立ていただき誠にありがとうございます

先月11月29日に行いました【第10回ペット供養祭】ですが、過去最高の参加で供養を執り行うことができました。LIVE配信で来場されなくてもお参りができるようになったのも増えた理由だと思います。何よりもそれだけ皆様大切なペットちゃんへの想いは変わらないのだと改めて感じました。ご参加いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

供養祭での収益は保護活動団体への寄付とさせていただきますが、只今日程調整中ですので改めてご報告させていただきます。

また来年の日程も決定しております。追ってご案内させていただきます。今後もペットの火葬・葬式・供養はペットライフサポートと言われるように精進してまいります。

 

福岡市中央区のワンちゃんマロンちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.58」

福岡市中央区のワンちゃんマロンちゃんの飼い主F様

 

 

とても丁寧で気遣っていただき、ありがとうございました。

突然で悲しみに暮れていましたが、自宅まで無料送迎していただき女性の方でしたので安心してお願い出来ました。

 

優しく気遣っていただいたので、特にお骨の説明を細かくしていただき、拾骨も手伝っていただきました。

本当にありがたく感謝しています。

女性スタッフの方が親切に対応して下さり、とても気遣って下さいますので安心してお願い出来ます。お願いして良かったです。

 

 

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

福岡ドッグクリスマスマーケット2020

今日の17時までのイベントです。コロナ禍の中ですが徹底した感染予防をしてイベント開催中です。是非、お近くの方は来られてください。ペットライフサポートとフラワーショップチェリーのサポートスタッフ、チェリーちゃん・カシスちゃんも頑張って参加中です(^^)/

リシャール追悼旅行

先日12月10日は当園の初代サポートスタッフであった「リシャール」の4回忌でした。早いものでリシャールに会えなくなって丸3年たつんだなと思いました。生前はあんまり旅行に行けなかったので、余命宣告を受けた後、家族全員と熊本の菊池で「ペット宿泊可の温泉旅行」~小国のパワースポット「押戸石の丘」その他当時巡ったルートを毎年回っています。チェリーもカシスも居て、ほとんどあの時と変わらない情景の中、リシャールの面影を思い浮かべながら過ごす、この二日間は一年の中でも特別な日です。いなくなっても魂とはいつも一緒だと思って過ごしていますが、この二日間は一緒に旅行できる日なので、きっとリシャールも楽しんでくれていると思います。皆さんもそれぞれに思い出がたくさんある事かと思いますが、こんな旅行も自分を見つめなおす良い機会になるのでお勧めです。

PS、帰り着くと一人お留守番の「ネコ兄」が超絶甘えん坊に変身します(*^_^*)

ポメラニアンと暮らす

ポメラニアンの性格は、一般的に元気でフレンドリーな小型犬。

自分が小さいことには気づいていないようで大型犬に向かって威嚇することもあります。

非常に活発で、近所の散歩でも十分ですが毎日の運動が必要です。

年齢と共に落ち着き、抱っこされるのが好きな真の愛玩犬になります。

用心深く、良い番犬になる事がおおいですが吠えやすい傾向があります。

飼育していくうえでの注意点は、一般的に飼いやすい性質ではありますが、中には太りやすい子もいるので体調管理には気をつけましょう。

又、小型犬であるポメラニアンは骨が弱いため、高い位置から飛び降りてしまうと骨折してしまう可能性が高いので注意が必要です。

男の子・女の子でも性格に違いがあるようです。

男の子の場合は、甘えん坊な傾向が強く成犬になってからも子供っぽいところは残ったままの子が多いです。

女の子よりも警戒心が強いと言われています。

女の子の場合は、大人っぽく落ち着きがあり優しく穏やかな性格です。

初めて犬を飼うならやんちゃな男の子より、女の子の方が飼いやすいかもしれません。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

 

 

春日市のウサギちゃんホイップちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.57」
春日市のウサギちゃんホイップちゃんの飼い主S様

 

説明など、とても丁寧でわかりやすくためになることも
教えていただき良かったです。
(はし渡し、喉仏、骨の解説、家につれて帰った後のことetc…)
小さい子供連れでしたが、和やかに対応していただき助かりました。

 

とても満足しています。
まさかこんなに丁寧にしていただけると思っていなかったので、
主人共々「良いお葬式だったね」と言っています。

 

ペットの葬儀というと不法投棄など悪質な事件が過去にあったので
大丈夫だろうか・・・という不安がありました。
ですが、いざ執り行われてみると、
とても丁寧で人間の葬儀となんら変わりないお式をしていただけて、
とても嬉しいです。
(昨年の祖父の時より丁寧で温かいお式でした笑)
これだけやっていただけて、とても良心的な価格なので有難いです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

2匹目のワンちゃんを迎えたい時

1匹だけだとかわいそうだから、
ひとめぼれしたから、
助けてあげたい仔がいるから、
念願だったから・・・、などなど、
様々な理由から、多頭飼いを始める飼い主さんがいらっしゃいます。
理由は人それぞれですし、巡りあわせもあるので、
難しい部分もあるのですが、せっかくお迎えするのだったら、
家族として仲良く暮らして欲しいものです。
元記事では、2匹目のワンちゃんを迎える時、
どういったことに注意すべきかが書かれています。

 

まずはいきなりお迎えするのではなく、
顔合わせをしてみるのが良いでしょう。
どうしても相性というものはありますので、
出来れば事前に相互のことを知ってもらい、
仲良く出来そうか判断するのが大切です。

 

第2に、基本的に先住犬を優先してあげることを意識しましょう。
先住犬が使ってたものをあげたり、スペースを分けたりするのは、
ストレスの原因になります。
お迎えするワンちゃんには、新しいものを用意してあげる方が無難です。

 

最後に、性別の違いがある場合は、去勢や避妊を忘れないようにしましょう。
望まない妊娠で家族が増えてしまうのは、飼育崩壊の危険もあります。

 

新しい家族が増えると、気持ちもリフレッシュして、
楽しい気持ちにもなりますね。
今は同じ種類の仔だけではなく、ネコちゃんやウサギちゃんなど、
違う種類の仔を飼う人も増えています。
計画的にお迎えする事で、
より楽しくペットとの生活を送れるようにしましょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/column/detail/23977

福岡市中央区のワンちゃんりょうちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.56」
福岡市中央区のワンちゃんりょうちゃんの飼い主F様

 

とても優しく、親身になって下さる方で、とても安心しました。

 

人間と同じような形式で送ることが出来て良かったです。
(お別れの時間や、火葬の際) 待合室があり、
とても清潔で過ごしやすかったです。

 

ペットの葬儀会社はたくさんありますが、
ここまで丁寧に対応して下さるところはあまり無いと思います。
ペットが亡くなり、精神的にもまいっている中、
やらなければならないことがたくさんありましたが、
ここにお任せして本当に良かったです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

うさぎがなりやすい病気 その2

スナッフル(慢性鼻炎・副鼻腔炎・気管支炎)
呼吸のたびに鼻の詰まった音をたて、鼻汁やくしゃみを伴う症状の病気。
若いウサギがスナッフルを生じる原因は、
呼吸器系の細菌観戦で主な原因菌はパスツレラ菌ですが、
ブドウ菌・緑膿菌なども鼻炎の原因になります。
中高年のウサギの呼吸器症状は、
異物か腫瘍が原因の時もあるのでレントゲン検査など詳しい診察が必要です。
【予防】感染している可能性があるウサギと接触させない
ストレスをかけさせない生活を送る
【治療】病院での治療・ストレスを取り除くことにより症状緩和

 

足底潰瘍(そくていかよう)
足裏の皮膚が赤く炎症を起こし潰瘍が出来てしまう病気です。
ウサギの後ろ足のかかとあたりに負担がかかって被毛が抜けた結果、
皮膚が露出して傷つきやすくなることが原因と言われています。
ウサギには肉球が無く、足の皮膚が直接床に接している為
皮膚が傷つきやすくなるのです。
【予防】適切な飼育環境で飼育・肥満にならないように気をつけながら
日頃から足底をチェックする。
【治療】ケージの底に休息マットを使ったり牧草を敷き詰める
肥満の子の場合は牧草中心の食餌に切り替えダイエットさせる。

 

尿石症・尿路結石症
尿管に結石ができてしまう病気です。
カルシウムやタンパク質の摂り過ぎや
水分不足、細菌感染、代謝異常が原因となります。
【予防】 牧草はアルファルファではなくチモシーを与える
【治療】 利尿剤の投与・食事療法・手術
【その他の症状】 膀胱のまわりが張っている
元気がない・頻繁にトイレに行くなど
【併発しやすい病気】 腎不全・膀胱炎

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

福岡市早良区のワンちゃんビーグちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.55」
福岡市早良区のワンちゃんビーグちゃんの飼い主Y様

 

大切な家族を亡くして悲しみと不安でいっぱいでしたが、
担当スタッフの的確な対応と細やかな心遣いに、
安心して我が子を見送ることが出来ました。
本当に、ありがとうございました。

 

所在地がちょっと辺ぴな所で驚きましたが、
ペットの葬儀場なので仕方ないかなと思いました。
ともすれば、人間の葬儀でも担当スタッフの不作法で
遺族は傷つくことが多々ありますが、
今回素晴らしいスタッフさんにお会いでき、
20年6か月の我が子とお別れが出来たこと有難く思います。
お別れのお花を別料金でお願いしたのですが、
あまり新鮮ではなかったことが少し残念でした。

 

大切な家族を亡くすことは突然にしろ、
心の準備はできていたにしろ慌てふためくものです。
私は、長寿の我が子でしたから
いつも電話の前にペットライフサポートの電話番号を置いていました。
悲しいことですが、自分でどう送るか・・・送りたいのか・・・
考えていた方が混乱せずにいいかもしれません。
電話さえすれば、後はスタッフさんが導いてくださいます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

チワワと暮らす

チワワは寒さが苦手、頭部の衝撃に要注意です。
チワワは寒さに弱い犬種でもあるので、冬場の寒さ対策には工夫が必要です。
そして、頭部の衝撃には特に弱いという特徴があるので、
不注意で事故をおこす事がないよう、日頃から注意をしてあげることも大切です。

 

スムースとロングコートそれぞれに合った毛のメンテナンスをしましょう。
チワワの毛は短いスムースであれば、ラバーブラシをかけ、
その後にタオルでふいてあげること、
長いロングコートであれば、できるだけこまめに
ブラッシングとコーミングをしてあげて
被毛が絡まったりしないように心がけてあげましょう。
秋冬2回の換毛期には、1日2回ほどブラッシングして毛をすいてあげましょう。
特にロングコートチワワの場合、
残った抜け毛が皮膚トラブルや毛玉の原因になりやすくなります。
また、普段から2週間に1度くらいを目安にシャンプーをしてあげて、
1カ月に1度くらいを目安に
定期的にプロのトリマーに見てもらうことをおすすめします。
皮膚の異常などを早期に発見できるということにもつながるからです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

福岡市南区のハムスターちゃんクリモちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.54」
福岡市南区のハムスターちゃんクリモちゃんの飼い主S様

 

電話で問い合わせした時も丁寧に優しく対応してくださり、
葬儀当日も親切にいろいろしてくださりました。
こちらのワガママにも親身になって対応してくださり、感謝しております。

 

初めはハムスター1匹に葬儀をするのは大袈裟かと思ってましたが、
きちんとお別れができて
たくさんのお友達と一緒に眠らせてあげることができ、
お願いして良かったです。
スタッフの方の対応がとても親切でした。

 

初めてのペット葬儀でした。ハムスターの葬儀で私一人の参列でしたが、
スタッフの方はとても親切でした。
料金も明確で、ペットを人間と同じように扱ってくれる良心的な業者ですので、
安心してペットライフサポートさんにお願いしていいと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

うさぎがなりやすい病気 その1

うさぎは人気高いペットですが、
犬猫とは違う面での病気に対しての知識も必要です。
代表的なものをご紹介致します。

 

不正咬合(ふせいこうごう)
歯がおかしな方向に伸びて、
口の中を傷つけてしまう病気です。
口の中が傷ついてしまうと、
他の病気を併発してしまうこともあります。
不正咬合は、切歯の不正咬合と
臼歯(きゅうし)の不正咬合に分けられます。
切歯の不正咬合は、切歯がどんどん伸び続け、
上の歯は内側に丸まって、下の歯は前に飛び出してしまいます。
ケージをかじるクセや、落下事故、遺伝などが原因になります。
また、臼歯の不正咬合は、
上の歯が頬に向かって伸び、下の歯が舌に向かって伸びてしまいます。
臼歯(きゅうし:奥歯)で食べ物をすりつぶすことが少ないことや、
カルシウムの代謝が上手くいかないこと、
栄養が偏っていること、遺伝などが原因となります。

 

【予防】 歯をすり減らすことができるよう、
十分な繊維質を含む牧草を主食にする
【治療】 歯のカット・抗生物質の投与
【その他の症状】 歯ぎしりをする・ふんが小さくなる・
食欲がなくなる・あごを触ったときにでこぼこしているなど
【併発しやすい病気】 皮膚炎・結膜炎・毛球症(消化管うっ滞)

 

 

毛球症(もうきゅうしょう)
飲み込んだ抜け毛がふんと一緒に排出されなくなって、
胃腸に毛がたまってしまい、胃腸の働きが低下する病気です。
繊維質の不足や異物の飲み込み、でんぷん質の摂り過ぎ、
運動不足やストレスが原因となります。
また、高齢のうさぎがかかりやすい病気でもあります。
ちなみに、毛を飲み込んだことが原因で胃腸の働きが低下した場合は
毛球症と呼ぶのですが、他の原因で胃腸の働きが低下した場合は
消化管うっ滞と呼びます。

 

【予防】 ブラッシングをして抜け毛を取り除く・
繊維質の多い牧草を与える・適度に運動をさせる・でんぷん質はあまり与えない
【治療】 おなかのマッサージ・毛玉除去剤の投与・手術
【その他の症状】 食欲がなくなる・水をよく飲む・
歯ぎしりをする・おなかが張っている・体重が減るなど

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

福岡市東区のワンちゃんティアラちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.53」
福岡市東区のワンちゃんティアラちゃんの飼い主H様

 

先月、主人が急逝した後、
あとを追うように2週間後にティアラもなくなりました。
2つのお骨を寄りそうように並べ、
ティアラの四十九日を主人も待って一緒に天国に行って、
ふたりで幸せに暮らしてくれると信じていますが、
一周忌の時に主人のお骨を納骨ロッカーにと考えており、
そうするとティアラのお骨は一緒には納骨できないので、
ふたりを離してしまうことになります。
ティアラは私達にとって、ペットではなく家族です。
人間と動物を一緒に納骨できない現状がつらいです。

 

暖かいお心遣いが本当に有難く、心より感謝しています。
ひとつひとつの流れや時間の説明をその都度きちんとていねいに話して下さり、
とても安心してその時間を過ごすことができました。
ペットではなく家族を亡くした遺族への暖かい対応という感じで、
本当に心にしみました。

 

葬儀スタッフから、ペットの葬儀もやっておりますのでと伺っておりましたが、
きっと料金が高いと思い込んで、
火葬移動車にお願いしようとおもっておりましたが、移動車よりも料金が安くて
こんなに暖かく心のこもった葬儀ができましたことを、心から感謝しています。
火葬台にのったティアラに最期のお別れを言う時に、
とても安らかな表情で笑顔になっていました。
般若心経も唱えていただき、「火葬」ではなく
「葬儀」をしていただいたことが、本当に嬉しかったです。

 

心の底からこちらにお願いして良かったと、感謝の気持ちでいっぱいです。
火葬移動車等よりも、お安い料金で「火葬」ではなく、
本当に心のこもった「葬儀」をして下さいました。
ペットではなく、大切な家族を見送るのだと、
ここまで考えて下さっているところは他には無いと思います。
般若心経を唱えて下さり、
数名の女性スタッフが本当に暖かいお心遣いをして下さり、
一緒に見送って下さいました。
14歳末期ガンで辛い最期でしたが、火を入れる直前の最後のお別れの時に、
とても安らかな笑顔に変わっているのを見て、
こちらにお願いして本当に良かったと、
心から嬉しく思い、涙が止まりませんでした。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

チワワを迎え入れるには

まずはチワワの性格を知りましょう。
チワワの性格は千差万別で個性豊かと言われていますが、
総じて非常に愛情深く、飼い主に対してはよくなつきます。
甘え上手な一面もあり、チワワを飼った人にしかわからない
チワワの魅力だという飼い主の方も多いようです。
また、好奇心も旺盛なので、
見た目によらないアグレッシブさもチワワの魅力の一つです。
一方で、見た目からも想像出来る通り、
神経質で臆病な性格であることが多いのもチワワの性格の特徴です。
気弱にブルブルと震えているチワワだけではなく、
大型犬に対して臆することなく向かって行くような大胆なチワワも、
実は臆病な面の表れということもあります。
吠えることで自分を大きく見せようとしているのかもしれません。

 

チワワがやってくる前の環境づくりをしましょう。
チワワと暮らしていくために必要なものを用意し、
安全な環境を作り、名前を決めます。
ご家庭にお子様がいる場合には、
子犬にしてはいけないことや基本的な接し方を教えておきましょう。
また、鳴き声で迷惑をかけてしまうこともあるかもしれないので、
近所の方々へも犬を飼うことと、しつけを心がけることを予め伝えておけば、
トラブル防止にも繋がります。

 

チワワとの楽しい生活を送るためには、いくつかポイントがあります。
チワワは飼い主に対してとても愛情深く接する犬種ですが、
子犬のときにしっかりとしつけることが大切です。
他の犬種と比べて、やや噛みぐせが目立つ傾向があるので、
飼い主になるときには意識してしつけてあげるといいでしょう。
また、チワワは体が小さいため、飼い主が抱っこしていることが多く、
いわゆる抱き犬にしていることが多いと言われています。
小さいながらもそこは犬ですので、
過剰に甘やかさず子犬の頃からしっかりとしつけをするように心がけましょう。
チワワは頭もよく、自己主張するという気の強い一面を持っているため、
飼い主が甘やかすことによって吠えたり噛み癖がついてしまったりなど、
後々の問題行動につながる場合もあります。
子犬期での社会化に気を配り、
小さい頃からしつけをうまくすることができれば、
飼い主に愛情深く接してくれるでしょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

福岡市南区のネコちゃんぐりぐりちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.52」
福岡市南区のネコちゃんぐりぐりちゃんの飼い主I様

 

とても丁寧に対応していただきました。まったく人と同じ様な扱いでした。
骨の場所などの説明も、ことこまかにしてもらって本当によかったです。

 

少々わかりにくい場所でしたが、とても落ち着ける所でした。
スタッフの方の対応も丁寧で、大変満足しています。

 

車で行かれる方は、道が細くなる所があるので、ちょっと不安になるかも・・・。
ですが、到着したらそんなこと忘れるくらい静かで落ち着ける場所です。
まさに癒やされる感じです。
スタッフの対応と、あの場所で、この料金は納得です。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ワンちゃんの爪切り

私達人間は、幼い頃は皆、家族に爪を切ってもらっていたことでしょう。
それがいつからか、自分で切れるようになって、
大抵は自分でケアするようになります。
しかし、ワンちゃんたちはそうはいきません。
私達飼い主が、定期的にケアしてあげる必要があるのです。

 

実はワンちゃんの爪は、大きく分けて二つの色があるそうです。
それは白い爪と、黒い爪。
どちらが良いということはありませんが、
毎日愛犬と触れ合っている飼い主さんでも、
意識していないと気付かないかもしれませんね。

 

爪切りをするときは、爪切り以外にもヤスリと止血剤を用意しましょう。
切った後にヤスリがけをしてカドを無くしておけば、
ワンちゃんが自分の体を引っ掻いて傷をつけることを防げます。
止血剤は、万一爪を深く切りすぎた際に使うためです。

 

ワンちゃんによっては、爪切りが苦手な仔もいるでしょう。
抱っこが嫌いな仔や落ち着きが無い仔などなど・・・。
日頃からボディータッチや抱っこなど、
ワンちゃんが嫌がらない程度にスキンシップを続けることで、
飼い主さんとの触れ合いに安心感を持ってもらえると思います。

 

前述のとおり、爪には大きく分けて2色ありますが、
白い爪の場合、血管がうっすらと見えるので、難しさは少し低めです。
血管を切らないようにまっすぐ切った後、
左右のカドを斜めに切って整え、ヤスリで丸く仕上げていきます。
黒い爪の場合は、血管などが見えないので難しめです。
いきなりまっすぐ切るのではなく、左右を少しずつ斜めに切っていきます。
神経部分に近くなっていくと、感触がしっとりとするらしいので、
そこで切るのを止め、整えるようにしましょう。
手間は増えますが、どちらの爪も慣れないうちは、
一回に少しずつ切るようにしたほうが良さそうですね。

 

爪切りは、一般的には2週間から1ヶ月に一度くらいの頻度で行うそうです。
ただし、個体差もありますし、
頻繁に散歩に出かけたり、運動したりする仔の場合は、
自然に削れたりもするそうなので、
愛犬に合ったペースで行うようにしましょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/dog/p/31622/

福岡市南区のワンちゃんスーちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.51」
福岡市南区のワンちゃんスーちゃんの飼い主A様

 

夜間にもかかわらず、親切、丁寧な対応をしてくださって、
心より感謝しています。
ペットを亡くしたばかりの私達に、暖かいお言葉を頂いたり、
わんちゃんに対しても、人間同様の扱いで本当にありがたいと思いました。

 

良いペット葬儀場で天国へ送りだせたと思い、安心しました。
収骨や、1つ1つの儀式も丁寧で感謝しています。

 

安心してペットライフサポートさんを利用されて良いと思います。
私達家族はとても感謝しています。
きっと亡くなったわんちゃんも満足していると思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんの誘拐もありえる?

筆者が帰宅する道すがらに、たまにかわいいネコちゃんが座っています。
あまり人なれをしていないのか、警戒心が強く、
コミュニケーションはとれないのですが、
勝手に名前をつけて「今日も〇〇ちゃんいるな」などと考えるのも、
ちょっとした楽しみのひとつです。
今は昔ほど、外飼いのネコちゃんは多くないですので、
野良の仔か地域ネコなのかな?と思います。
なかには人懐っこい仔もいますので、
保護目的でなく、単にかわいいからという理由で、
拾われてしまう可能性も捨てきれません。
飼いネコと知りつつも故意に誘拐する、というケースもあるのだとか。

 

「室内飼いであれば関係ない」と思われがちですが、
それでもネコちゃんの誘拐は、時折おきるのだそうです。
動物病院やペットサロンなどで、外出した時は要注意です。
一般的な専門の施設でなく、ペットショップなどが併設してある、
不特定多数が大勢出入り出来るような場所の場合、
誘拐が発生する可能性も考えられます。
また、お出かけの際にちょっとだけ車中に残しておいた隙に、
誘拐されるということもあるといいます。

 

誘拐と言われると、ひと気が無いところで、というイメージですが、
むしろ人が大勢いるところでも起こりえることを、意識する必要があります。
外では出来るだけ目を離さないことや、
車中に残すのなら、必ず施錠しておくことを忘れないようにしましょう。
当然ですが、家の中でも脱走の可能性があります。
こちらも日頃から網戸やドアが、破られたり開けられたりしないような、
対策を行っていく必要がありますね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/14946

福岡市中央区のワンちゃんめりーちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.50」
福岡市中央区のワンちゃんめりーちゃんの飼い主O様

 

とても丁寧。
ドライアイスのことで気にしてくださって、もう一度電話をもらった。
雨の中、傘をさして車の乗り降りも、
抱いていた犬や私が濡れないようにしてもらい、助かりました。
動物のことを大切にされているのが伝わるいい方々でした。

 

ホームページからも、他の車で簡単に焼くところとちがって、
会社の考え方に共感しました。
亡くなったペットの事を大切にしてもらえ、
またしっかり最期まで飼い主としての役目を果たせた事で、
死をきちんと受けとめることができました。
移動する道のりやお別れの時間も大切なプロセスで、
時間をかけて一つ一つ人まかせにせず行ったことがよかったです。
骨の部位の説明なども、思っていた以上のサービスで選んでよかったです。
ありがとうございました。

 

亡くなったペットや飼い主の気持ちによりそった、
とても良心的な会社だと思いました。
火葬前の般若心経やお骨の説明もよかったです。
手書きで四十九日のメモをいただいたのも、参考になりよかったです。
建物も心安らげる空間でした。
場所はわかりにくいので、送迎をお願いされたほうがよいです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

愛犬に合ったハーネス選び

昔は、ワンちゃんの散歩といえば首輪にリードをつけて、
ということが普通でしたが、
最近では、首輪の代わりにハーネスをつけることが多く、
リードも伸縮が出来るものが使われることがあります。
首輪もかわいいのですが、
ハーネスの特徴として、引っ張り癖がある仔に対して、
首だけでなく身体全体に負荷が分散されることがあげられます。
また、身体をコントロールしやすいことも利点です。
そんなハーネスですが、ものによっては、
あまりおすすめできないものもあるようです。
どういったものが、敬遠すべきものなのでしょうか。

 

ひとつは、おしゃれ重視のハーネスです。
最近では可愛い見た目のものも多いのですが、
生地が洋服のようなものだと、引っ張られた時に生地が裂けるなど、
充分な耐久性がない可能性もありあす。
また、装飾が華美だと、ワンちゃんが気にしてしまうことや、
重量があるアクセサリー付きのものだと、
ワンちゃんに余計な負荷がかかってしまいます。

 

もうひとつは、ハーネスの構造です。
ものによりますが、引っ張った時のワンちゃんへの負荷が、
一部に集中するものもあるようです。
持ち上げた時、水平にワンちゃんが持ちあがり、
尚且つ、ワンちゃんが苦しそうでなければ、問題ないようです。
出来れば、試着させてもらうのが良いですね。
あとは何と言っても、ワンちゃんの身体に合うかです。
大きすぎると、脱げてしまいますし、
小さすぎると、ワンちゃんへの負荷になります。
サイズを調整できるものは、多少値が張りますが、
身体のサイズが変わってきても対応できることを考えれば、
必要な買い物かもしれませんね。

 

ハーネスは、今ではワンちゃんと散歩する上では欠かせないものです。
もちろん首輪にも、予防注射の鑑札をつけるなど、別の役目もあります。
散歩に適さないハーネスでも、室内でおしゃれ目的でつけてみることは、
愛犬とのコミュニケーションになるかもしれません。
愛犬に合った物、目的に合った物を選ぶようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/column/detail/22208

古賀市のネコちゃんニャン太ちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.49」
古賀市のネコちゃんニャン太ちゃんの飼い主S様

 

こまやかで優しい心使いをいただき、大変感謝しております。

 

20年以上を共にした家族を
安らかに送ってあげることができたかなと思っています。
単なるペットの葬儀としてではなく家族の一員として葬儀をしていただき、
心より感謝いたします。

 

丁寧な対応と、こまやかな心使いで、
動揺している気持ちを癒やしていただけました。
斎場の場所が少々分かりづらくはありますが、
近場まで行けば迎えに来てくれます。
諸々安心してお願いできます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんがカーテンに興味を持ってしまう

ネコちゃんを飼い始めると、いくつもの困ったことに遭遇します。
家事をしている時に限ってじゃれついてきたり、
掃除機にまとわりついて邪魔してきたり、
ティッシュを散らかしてみたりと、実に多彩です。
その中のひとつに「カーテンをボロボロにしてしまう」ということがあります。
何故ネコちゃんは、カーテンを狙うのでしょうか。
また、どんなリスクが考えられるでしょうか。

 

まず考えられるのが、高いところに上りたいという欲求や本能です。
ネコちゃんを飼っている人の中には、
いつの間にかどうやって上ったの?というところに、
ネコちゃんがいることに気づくことがあるのではないでしょうか。
カーテンを伝ってレールまで上り、
そこから空調の上、その他の部分へ・・・というようなかたちです。

 

また、カーテンの揺れや光の漏れ具合が、
こちらも好奇心や本能を刺激して、
ついつい遊んでしまうことも考えられます。
その気はなくとも、爪がひっかかり、
そこからなんとなく遊んでしまうこともあるでしょう。

 

一方で、カーテンに上ったり遊んだりすることは、
ネコちゃんへのリスクもあります。
単純にネコちゃんの怪我につながる可能性です。
爪がひっかかったまま取れなくなり、暴れて爪や手が傷ついたり、
骨折してしまうこともあるでしょうし、
最悪の場合、破れた部分に首がひっかかり・・・ということもあるようです。
暴れているうちに、カーテンレールごと落ちてしまうことも、考えられます。
もうひとつは、カーテンの布だけの問題では無いですが、
ウールサッキングという、布を噛んでしまう行為です。
原因ははっきりしていないものの、
ストレスや不安などから、噛んでしまうことがあるのだとか。
もし切れ端でも大量に食べてしまうと、
消化できずに手術で取り出すことになります。

 

対策としては、どれも基本的なことになりますが、
遊んだり爪とぎに使ったりしないように、
しっかり飼い主さんが遊んであげて、ストレスを発散させることや、
爪とぎが出来るものを用意してあげることです。
上りたいという欲求に応えるためにも、
キャットタワーを用意するのも必要でしょう。
布のカーテンではなく、ブラインドにすることも対策になりますが、
それでも興味をもってしまう仔もいるようですので、
こちらは必要であれば取り換えを検討しましょう。

 

ネコちゃんだけに限らず、ペットちゃんや小さいお子様がいる家庭は、
いろんなところに危険が潜んでいるものです。
充分な知識を付け、対策をとることが、
家族を守るために必要となりますね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/49845/

福岡市西区のインコちゃんぽよちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.49」
福岡市西区のインコちゃんぽよちゃんの飼い主N様

 

他のサイトも見ましたが、
ここがいちばんペットのことを第一に考えているなあと感じました。
今回は送迎はお願いしませんでしたが、
次何かあったら安心して連絡できるなあと思いました。

 

とても丁寧に対応していただいて、うれしく思います。
ぽよちゃんにあのように接していただいて感謝です。

 

他を知らないのですけど、たぶんとてもとてもよかったと思います。
ぽよちゃんもすごくよろこんだのではないかなと思います。
娘も死について、いろいろ考える事があったのではないかなと思います。
ありがとうございました。
アドバイス等、色々お話して下さったのも、すごく勉強になりました。

 

追加料金なし、親切丁寧、
ペットを飼っている人の気持ちをすごく汲んで下さいました。
ぽよちゃんを天国に送るにあたって、
こちらもきちんと納得することができました。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ワンちゃんのお留守番

ワンちゃんと暮らすにあたって、気をつけることは多いですが、
そのなかでもお留守番には、困っている人も多いのではないでしょうか。
一人暮らしが寂しくて、ペットと暮らし始めた、という話はよく聞きます。
その場合、自分が仕事に行っている間なんかは、
ワンちゃんはひとりで過ごすことになるため、
一人暮らしではワンちゃんを飼うべきではないという意見も多いです。
一方で、多人数で暮らしているから大丈夫かというと、そういうこともなく、
どうしてもお留守番をさせてしまうこともあるでしょう。
元記事では、お留守番をさせるにあたって気を付けるべきことが書かれています。

 

・出かける前にたくさん可愛がる
一匹にしてしまう時間、寂しくさせてしまうからと、
たくさん可愛がってしまう飼い主さんもいるでしょう。
しかし、そのせいでワンちゃんが余計寂しく感じてしまうこともあるようです。

 

・出かける前はいつも同じ行動をしている
出かける前は、大抵忙しくばたばたと用意をしてしまいますよね。
着がえて、洗面台の前に立って・・・というような、
いつも同じように行動する人もいるでしょう。
その様子を、ワンちゃんはしっかり見ていて、
「もうすぐ出かけちゃうんだ・・・」と寂しい気持ちにさせるようです。
「散歩」と声をかけると喜ぶのと、反対の気持ちでしょう。

 

・出かけるときは無理やりケージやクレートに入れている
お出かけ前には、部屋を荒らされたりしないようにと、
ケージなどに閉じ込めるようにしている飼い主さんもいらっしゃると思います。
問題は、その時に無理やりケージにいれていないかということ。
嫌がるワンちゃんを閉じ込めていると、
留守番の苦痛から、ケージが嫌いになってしまいます。
下手をすると、飼い主さんとの絆にも問題が出てくるかもしれません。

 

・依存させすぎている
いつも誰かしら家族と一緒の生活をしていると、
一匹でいることが耐えられなくなり、問題行動を引き起こすことがあります。
いわゆる分離不安という症状です。
そのなかでも、パニック、いたずら、粗相といった行動は、代表的な症状です。

 

これらの対策として、
・出かける時は重々しい感じではなく、さらっと出かける。
・お出かけの気配をあまり感じさせないようにする。
・無理にケージにいれず、部屋にいさせる。
その場合危険なものは片付けておく。
・日頃から一匹にするトレーニングをしておく。
数分から数十分と時間を徐々に伸ばしてみる。
などがあります。

 

筆者の実家の愛犬も分離不安に悩まされています。
一匹になるとしばらく吠え続け、とても可愛そうな気持ちになります。
ワンちゃんが寂しさから依存する気持ちも対応する必要がありますが、
どちらかというと、飼い主さんの方こそ、
愛犬に対して依存しすぎていないかを、気をつける必要があるとも思います。
お互い適切な距離で接する事で、
無駄なストレスを感じない関係性を築きたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/column/detail/19207

福岡市中央区のワンちゃんモカちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.48」
福岡市中央区のワンちゃんモカちゃんの飼い主M様

 

事前に電話で連絡を頂いて、とても安心できました。
場所が分からない時も、近くまで誘導に来てもらえてすごく助かりました。

 

初めての経験で、業者を決める時間もあまり無い中、
こちらを選んで本当に良かったです。
葬儀中も私たちと愛犬の事を第一に考えて頂いているのが伝わりました。
家族全員ゆったりとお別れできました。ありがとうございました。

 

不安な気持ちのまま葬儀の準備をするのは本当に辛いことです。
でも、こちらの担当の方々は本当に丁寧に執り行ってくれました。
安心して任せて大丈夫だと思います。
2匹目が他界した時もこちらでお願いしたいです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ペット共生社会と集合住宅

1年以上前の記事ですが、興味深い内容のものがありました。
内容としては、マンションなどの集合住宅において、
より多くがペット飼育が出来るようになって欲しいというものです。

 

実際のアンケート調査によると、
「猫の非飼育&飼育意向あり」の人たちで最も多い29・4%が、
「現在飼育していない理由」(複数回答)として、
「集合住宅に住んでいて、禁止されているから」と答えており、
そのうち、「現在飼育していない最大理由」(単一回答)としてあげた人は、
25・3%にも上ったそうです。
「犬の非飼育&飼育意向あり」の人たちでは、ペット飼育の阻害要因として、
やはり「集合住宅で禁止されているから」(複数回答)は23・5%で、
そのうち、「現在飼育していない最大理由」(単一回答)とした人は、
何と19・8%なのだそうです。

 

ペット可のマンションなども、もちろん多く存在していると思いますが、
小型の動物のみの物件や、犬猫を飼えたとしても1匹ずつなど、
条件付きのところが多い印象があります。
一方で、そもそも動物が苦手な人や、
ペット飼育関連で、近隣の方々とトラブルにならないように、
あえてペット不可の物件を選ばれる方がいることも事実です。

 

筆者の個人的な考えでは、ペットと住むことには多くのメリットがありますが、
それ以上に多くの責任を負うことになります。
そして、その責任を果たせないことで、
ペットたちに対して寛容な考えだった人たちに迷惑をかけてしまい、
ペットを受け入れてもらえなくなることもあるでしょう。

 

新しい家族を迎えるということは、とても素晴らしい体験だと思います。
しかし、同時に多くの配慮が必要にもなります。
多くの家庭で、より多くのペットたちが幸せに暮らすためには、
ペットたちの権利と飼い主たちの責任、
その両方をしっかりと考えていく必要があると思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「zakzak」
https://www.zakzak.co.jp/lif/news/181221/lif1812210005-n1.html

福岡市南区のワンちゃんイヴちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.47」
福岡市南区のワンちゃんイヴちゃんの飼い主M様

 

すごく丁寧に対応して頂きありがとうございました。
お別れの日は雨が降っていて、私がイヴくんをだっこしていて雨にぬれないよう
カサを広げてさしてくださるという心遣い、大変ありがたかったです。

 

火葬前に亡くなったコとの2人だけの時間をもらえること、
思い出すと今も泣いてしまうんですが、
あの時間がたくさんたくさん声かけができる最期の大切な時間だと思いました。

 

女性のスタッフが対応してくださるので安心できます。
きちんと1つ1つ説明されるので、理解しやすいです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんのしつけ方

先日、ネコちゃんを保護させていただきました。
生後2~3ヶ月ほどのネコちゃんだったのですが、
トイレは概ね上手に出来る一方で、
噛み癖があったり、ダメといっても聞かなかったりと、
しつけってなかなか難しいなと感じた次第です。
ネコちゃんのしつけはどのように行うのが良いのでしょうか。

 

しつけには、条件付けが大切になります。
例えばワンちゃんの場合、良いことをしたり、言うことを聞いた時に、
おやつをあげたりたくさん褒めてあげたりすると、
ワンちゃんは、こうすると嬉しいことがあったと覚えてくれます。
しかし、ネコちゃんの場合には、
ワンちゃん程は、おやつにこだわらないことがありますし、
飼い主さんから褒められるために行動する習性がありません。
また、悪い事をした時に、嫌なことがあるよと教えようとしても、
ネコちゃんの場合、嫌なことがあったことと、
人間にとって好ましくない行動をしたこととが、結びつかず、
上手く覚えないこともあるようです。
ネコちゃんが自然に問題行動をしなくなるようにうまく仕向けることが、
猫のしつけにつながります。

 

トイレや爪とぎの場合、別の場所でやりそうになったら、
すぐにトイレや爪とぎをしていい場所へ連れて行きましょう。
トイレであれば、おしっこをティッシュに吸わせて、
トイレに入れておくと、そこをトイレだと認識するようです。
スプレー行為でのマーキングは、去勢や避妊が効果がありますが、
環境が変わったことや、飼い主さんに構ってもらえないストレスから、
スプレー行為を行うこともあるようです。
噛み癖やひっかき癖は、人間の手で遊ばないようにして、
おもちゃなどを使うようにするのが良いようです。
鳴き癖は、基本的に飼い主さんへの欲求が原因です。
ドアを開けて欲しい、ご飯が欲しい、などなど、
鳴いて欲求を伝えようとしてきます。
根気がいりますが、ネコちゃんが鳴いても反応せずに、
鳴き止んでからご飯をあたえるなどしていきましょう。

 

ネコちゃんのしつけは、基本的にはワンちゃんと同じように感じますが、
一筋縄ではいかないことのほうが多いようです。
もちろん、個体差で同じしつけがうまくいったり、いかなかったりもします。
ネコちゃんの習性を知ることや、その仔自身の性格を理解し、
より適したしつけを行っていきたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/43861/

福岡市城南区のワンちゃんモコちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.46」
福岡市城南区のワンちゃんモコちゃんの飼い主M様

 

言葉遣いも接客もとても丁寧で、素晴らしかったです!
傷心の私の心も汲み取って下さり、
ご自分が飼っていらした愛犬のお話をして下さったり、
質問にも丁寧に答えて下さり、安心してお任せする事が出来ました。
ありがとうございました。

 

ペットが息を引き取った後、どうすれば良いのか、
葬儀とはどの様なものか、何も分からなく、不安が大きかったのですが、
電話の際より丁寧にお声を掛けて下さり、
不安も薄れとても気持ちよく愛するペットを送り出す事が出来、
本当に良かったと思っています。
こちらにお願いして、本当に良かったです。ありがとうございました。

 

愛する家族を失って、離れるのが辛いけど、手元に置いておけないし・・・
葬儀もよくわからず悪徳業者のうわさもあるし・・・
と迷われる方も多いと思います。私もそうでした。
最初は不安でしたが、だんだんと心が軽くなっていき、
最期は小さくなった愛犬と共に晴れやかな気持ちで帰宅する事ができました。
自己満足ですが、愛犬をキレイに送り出す事が出来て
本当に良かったと思っています。
こちらのスタッフの方々のお力添えのおかげだと、本当に感謝しています。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ワンちゃんへのワクチン接種

ワンちゃんを飼うにあたって、現在の日本では、
特に資格などは必要ありません。
しかし、義務付けられていることはあり、
その中のひとつが、ワンちゃんへの狂犬病ワクチンの接種です。
もちろん、その他の混合ワクチンもまた、接種を推奨されています。

 

ワクチンを接種しなければいけない理由は、感染症の予防です。
主な感染経路として挙げられるのは以下の4つ。
①感染犬の咳やくしゃみから病原体が空気中にばらまかれ
それを吸って感染する「空気感染」
②病原体が付着したものを口にする「経口感染」
③感染犬に接触してうつる「接触感染」
④出産の際の母体からうつる「母子感染」

 

ワンちゃんが気をつけなければいけないのは、病気や怪我などもありますので、
決して感染症に限ったことではありませんが、
他のワンちゃんたちに感染を広げたりしないよう、
必ずワクチンは接種したいところです。

 

室内飼育だから必要ないという方や、
ワクチンの接種自体が、ワンちゃんに悪影響という考え方もあります。
室内で飼っていも、外へ散歩へ連れて行きますし、
定期的に病院で診てもらうのが一般的です。
多くのワンちゃんと接触する機会がありますので、
ワクチンはやはり接種するべきです。
また、混合ワクチンは接種すべきでないという考えの場合でも、
かかりつけの獣医師さんと相談の上で、最低限必要な分だけでも、
接種することが望ましいと思われます。

 

世界では新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、
ワンちゃんの世界でも、感染症は大変危険なものです。
罹らない、移さないよう、しっかり対策はしておきたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/dog/p/39845/

福岡市東区のワンちゃんきぃちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.45」
福岡市東区のワンちゃんきぃちゃんの飼い主Y様

 

最初の電話のときから「優しそうな人でよかった」と思いましたが、
当日も本当に優しくて、とてもありがたかったです。
優しくてあたたかくて丁寧なかたでした。ありがとうございました。
他の方達も親切でした。ありがとうございました。

 

御社で火葬してもらって、本当によかったと思います。
人の火葬のときよりも丁寧なのではないかと思うほど、
心をこめて全ておこなってくださったと思います。
心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

大切な家族を本当に大切に心をこめて火葬をしてくださる会社です。
追加料金が必要なものを、すすめられるということも一切ありません。
家族をうしなってしまった悲しみは、大きくて、なくなりそうにありませんが
「最期、とても大切に送ってあげられてよかった」と、
安心するような気持ちを持てました。
私は、こちらの会社をおすすめします。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

部屋の中にあるネコちゃんにとって危険なもの

新型コロナウイルスの影響による自粛期間がまだまだ続いています。
外出もなかなか出来ない状況では、ストレスが溜まってしまいますね。
しかし、普段から完全室内飼いをしているネコちゃんなどは、
上手にストレスを発散しながら暮らしているのかもしれません。
運動不足を解消するキャットタワーや、
ひとり遊び出来るおもちゃ等は、大切なパートナーでしょう。
一方で、室内の中にもネコちゃんにとって、危険なものも多くあります。
どのようなものが考えられるでしょうか。

 

食品の中には、ペットたち・ネコちゃんたちに与えてはいけないものが、
数多く存在します。
代表的なのものは、タマネギ・ぶどう・チョコレートなどです。
食欲だけでなく、好奇心から口にしてしまうこともありますので、
必ずネコちゃんが触れないところに保管しましょう。

 

電池などをはじめとした小物や、
クリスマスなど季節の飾り付けに使う電飾、
コンセントなどのコード類も危険です。
小物などは、こちらもネコちゃんが触れない場所にしまうこと、
飾りつけはネコちゃんが入れない部屋で行うこと、
コードの類は、カバーをつけるようにしましょう。

 

人間の子供相手にも言えることですが、
薬品やサプリメントの取り扱いにも注意が必要です。
サプリメントなどは身体に良いイメージがありますが、
モノによっては、ネコちゃんに害になってしまいます。
ネズミやゴキブリの駆除剤のような、
殺虫剤系のものにも、もちろん注意しましょう。

 

飾っていた植物にネコちゃんがイタズラしたという話は、
割とよく聞くことです。
植物のなかにもユリなどをはじめとして、
注意したいものがあります。
こちらもネコちゃんが触れないように飾るか、
事前に有害なものでないか、しっかり調べるようにしましょう。

 

ネコちゃんだけに限らず、ペットたちや小さいお子様などは、
色んなものを口にしたりします。
最悪のケースも考えられることですので、
普段からの取扱いや、家にもちこんでも大丈夫なものなのか、
気を付けるようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/8486

福岡市東区のうさぎちゃんゆずちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.44」
福岡市東区のうさぎちゃんゆずちゃんの飼い主A様

 

とても丁寧で、心配りもしていただきました。
又、清潔で安心してお任せできました。

 

とてもお優しい方で、ペットを思って下さり感動しました。

 

嫌な気分になったり、後悔する点が1つもなく、
飼い主も癒やされましたし、感謝致します。

 

本当に大切な家族を送るには、最適だと思います。
安心してお任せでき、ペットも嬉しかったと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

尿の色でわかる愛犬の体調不良

自粛生活が続いていく中で、ワンちゃんと触れ合う機会も増え、
飼い主さんはもちろんですが、ワンちゃんもとても喜んでいることと思います。
普段より接する機会が増えると、
今までは気付かなかった愛犬の不調にも気付けたりもします。
元記事では、尿の色からわかるワンちゃんの異常が紹介されています。

 

1.濃い黄色
水分不足が原因と考えられます。
水分不足が続くと、膀胱炎などになる可能性があります。
ワンちゃんは、1kgあたり50~60mlの水分が必要と言われています。

 

2.赤色や茶褐色
オシッコに血が混じって血尿になっている可能性があります。
炎症や結石、腫瘍など病変が考えられるそうです。

 

3.濃いオレンジ
肝臓や胆のうの異常、黄疸が考えられます。
白目や皮膚を確認してみて、黄色っぽくなっていると、
黄疸になっています。

 

4.透明
腎臓機能に問題がある可能性や、
糖尿病などの病気で多飲多尿になっている場合があります。
ワンちゃんが普段からどれくらいの量と頻度で、
水を飲んでいるか把握しておくようにしましょう。
腎臓の病気の場合、早期発見と早めのケアが大切です。

 

5.キラキラしている
オシッコの中に結晶が混ざっているのかもしれません。
放置したままにしておくと、尿結石になることもあります。

 

ワンちゃんに限らず、ペットたちの日頃の行動や、
状態を把握しておくことは、病気や体調不良の早期発見につながります。
自宅で過ごす時間をポジティブに考え、
愛犬への理解を深める期間と捉えることも、悪くないかもしれませんね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/disease/detail/14348

福岡市早良区のワンちゃんマロンちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.43」
福岡市早良区のワンちゃんマロンちゃんの飼い主K様

 

とても安心、満足です。

 

人間のお葬式と同様にして下さって、とても感謝しております。
スタッフの方々が女性ということもあり、細やかなお気遣いがあり、
会場・待合室ともとても清潔で落ち着きました。
無料送迎も、とても有難かったです。

 

安らぎと感謝の気持ちで一杯です。本当にどうも有難うございました。
歴代の愛犬達も貴社で火葬、納骨をして頂きたかったです。

 

こんなに丁寧な対応をして下さる会社はないと思います。
無料送迎もとても魅力的です。料金・サービス共に満足です。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

再会を喜び過ぎるワンちゃん

新型コロナウイルス流行の関係で、
在宅でテレワークをする方も増えているようです。
その副作用と言うべきか、
普段は家でお留守番をしていたワンちゃんたち、ペットたちが、
飼い主さんと一日中一緒にいれる、という状態も、
珍しいことでは無いようです。
いつもは帰宅を全身で喜んでくれていたワンちゃんが、
あまり喜ばなくなって寂しいという声もありますが、
全身を使った大喜びには、ちょっとした問題もあります。

 

尻尾がちぎれそうになるほどフリフリしながら、
飛び跳ね続ける仔がいます。
極度の興奮状態にあることは、一目瞭然ですが、
興奮のあまり、周りが見えなくなっていることもあります。
壁や柱、家具などや、他のペットにぶつかって、
怪我をしたりさせたりするかもしれません。
ダックスフントのような胴長な犬種などは、
腰や背中を痛めることもありえますので、より注意が必要です。
また、相手を噛んでしまう仔もいるようです。
クセになってしまうケースも考えられます。
少し気持ちが落ち着いてから、構ってあげるようにしたいですね。

 

飼い主さんに対して、依存しすぎている仔もいます。
飼い主さんや家族が少しでもいなくなると、
とたんに不安でたまらなくなってしまう仔たちです。
依存が強すぎると「分離不安症」という病気になります。
可愛がるだけでなく、普段から、
一人でも上手に留守番できるように、接してあげましょう。

 

愛犬が、自分がそばに居ることで喜んでくれるのは、
飼い主としてもとても嬉しいことです。
ペットとの適度な距離感を保つことで、
トラブルのない、楽しい毎日を過ごせるようにしましょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/osusume/detail/13316

福岡市西区のうさぎロールちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.42」
福岡市西区のうさぎロールちゃんの飼い主M様

 

問合せの電話の時から、誠実に対応して頂き、好印象でした。
送迎で自宅に来ていただいた時も、
こちらの悲しみと同じように接して頂き、心温まる思いでした。
申し分ない対応に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

低料金、送迎サービス、担当者の応対、大変良かったです。
御社を利用させて頂き、本当に良かったです。

 

迅速、誠実、低料金。満足できる葬儀場です。

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんへのブラッシングのコツは?

ネコちゃんは暇さえあればグルーミングをしていますので、
普段からきれいな被毛を保っているイメージです。
それでもグルーミングだけではきれいに出来ない抜け毛や、
換毛期ではたくさんの抜け毛があります。
定期的なブラッシングは、ネコちゃんにとっても、必要なことです。

 

グルーミング時に舐めとった毛は、基本的に飲み込まれてしまいます。
体の中で毛玉となったものを、吐いたりするネコちゃんもいますが、
それが上手く出来ないとどんどん大きくなり、
体の中に残ってしまうのだそうです。
毛球症と呼ばれるこの症状は、最悪手術が必要になるのだとか。
また、ブラッシングは被毛をきれいに保つこと以外にも、
愛猫の健康状態、特に普段は隠れている皮膚の状態や、
触られて痛がる部分が無いかなど、チェックすることにもなります。
ネコちゃんの生活スタイルによっては、飼い主さんと触れ合える、
重要なコミュニケーションの時間にもなりますので、
そういった意味でも定期的なブラッシングは必要なのですね。

 

ところが、ブラッシングを嫌がる仔がいるのも事実です。
筆者の愛犬も、ブラシを見せるだけで逃げてしまいます。
こういった場合、無意識のうちに、
ネコちゃんやペットの嫌がることをやっているのかもしれません。
具体的には、触られたくない部分を触っていたり、
長い時間捕まえていたり、
ブラッシングの力加減が強すぎたり、
ブラシ自体が痛いという可能性もありますね。
不快感が積み重なると、信頼関係も損なわれ、
普段からのコミュニケーションにも影響しますので、気をつけましょう。

 

もしなかなかブラッシングさせてもらえないのであれば、
嫌がるネコちゃんを無理やり捕まえて行なうのではなく、
ネコちゃんがゆとりを持っている時、
リラックスしている時をを狙ってみましょう。
これまでと違うブラシを用意してみるのもいいかもしれません。
何より、ネコちゃんがどこをブラッシングして欲しいのかを、
考えながら撫でてあげましょう。

 

ネコちゃんの気分は、山の天気のように変わりやすいものです。
普段からこまめなコミュニケーションをとりながら、
どういったブラッシングが好きなのかを、
理解していくようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/48488/

福岡市東区のうさぎゆずちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.43」
福岡市東区のうさぎゆずちゃんの飼い主A様

 

とても丁寧で、心配りもしていただきました。
又、清潔で安心してお任せできました。

 

とてもお優しい方で、ペットを思って下さり感動しました。

 

嫌な気分になったり、後悔する点が1つもなく、
飼い主も癒やされましたし、感謝致します。

 

本当に大切な家族を送るには、最適だと思います。
安心してお任せでき、ペットも嬉しかったと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

愛犬と長く一緒に暮らすために

最近では、ワンちゃんも家族の一員として考える方も増えてきました。
しかし、残念ながら、私達人間とでは、
ワンちゃんの寿命は短く、ずっと早くお別れが来てしまいます。
近年では食事の内容や、医療技術の改善などもあり、
以前から比べワンちゃんの寿命は長くなっている傾向にあります。
とはいえ、小型犬でも20歳生きれば大往生ですし、
大型犬ならば10歳程度が平均的な寿命と言われています。
出来れば少しでも長く一緒に居たいと考えるのは、
飼い主さん皆同じ考えなのではないでしょうか。
では、普段からどうすれば、ワンちゃんの健康を保てるのでしょう。

 

愛犬の身体は、清潔に保たれていますか?
毛が汚れていたら、洗ってあげる必要がありますが、
ここで注意すべきなのは、強すぎるシャンプーを使わないこと。
また、お風呂があまり好きでない仔の場合は、
普段はブラッシングに留めるなど、したほうがいいかもしれません。
被毛以上に気を使いたいのが、歯磨きです。
歯が弱って、ご飯がきちんと食べれなくなるのはもちろん、
口内環境から重病に発展することもあるでしょう。

 

適度な運動を欠かさないようにしましょう。
散歩やおもちゃなどでの遊びで、
身体を動かす事やストレス発散などが必要です。
肥満防止にもつながりますし、コミュニケーションにもなります。

 

医食同源などという言葉もある通り、
食事には一番気を使っておく必要があるでしょう。
与えすぎは当然NGですが、
添加物が沢山入っているようなものを避けたり、
普段からあたえるフードのバランスを考えたりと、
考慮するべきところは多いです。

 

定期検診も大切です。
病気になってからだけではなく、
健康なうちからチェックをしていくことで、
病気の兆候が見え、事前に対処できるかもしれません。

 

また、ワンちゃん自体のことを良く知ることも必要でしょう。
犬種やその仔自体の性格や好きな事、苦手な事など、
きちんと理解した上で対応していきたいところです。

 

こうしてみると、なんだか人間と同じような内容ばかりですね。
ひとりではなんだか難しく感じることも、
家族や愛犬と一緒に頑張っていると考えると、捗るかもしれません。
健康に近道はありません。
日頃から一歩一歩、積み重ねていくようにしましょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/dog/p/47692/

福岡市西区のうさぎロールちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.42」
福岡市西区のうさぎロールちゃんの飼い主M様

 

問合せの電話の時から、誠実に対応して頂き、好印象でした。
送迎で自宅に来ていただいた時も、こちらの悲しみと同じように接して頂き、
心温まる思いでした。
申し分ない対応に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

低料金、送迎サービス、担当者の応対、大変良かったです。
御社を利用させて頂き、本当に良かったです。

 

迅速、誠実、低料金。満足できる葬儀場です。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんも退屈に感じることがある?

ネコちゃんは、朝から晩まで寝て過ごしているようにも見えますので、
同じ刺激のない毎日でも問題ないかのように思われがちです。
実際、犬のように散歩に連れて行くこともなく、
完全室内飼いが向いているペットでもあります。
しかし、本当は刺激が欲しいこともあるようです。

 

毎日のご飯は、多くの飼い主さんが、
ネコが気に入ってくれたフードを与えていることと思います。
ところがネコちゃんによっては、
毎日毎回同じご飯を与えていると、飽きてくることもあるようです。
かといって、栄養バランスもありますので、
毎回違うご飯をローテーションさせるのも大変です。
時折、普段のフードにトッピングを添えるなどが、簡単で良いようですね。
また、ネコちゃんによっては、普段と違うフードを嫌がる仔もいるのだとか。
なかなか難しいですね。

 

ネコちゃんが遊びに誘って来た時、どんな遊びをしてあげますか?
ベーシックなねこじゃらしなどの遊びの他、
とってこい遊びをするネコちゃんなんかもいます。
それぞれ気にいった遊びがあると思いますが、
これも同じ遊びばかりだと飽きてしまうことがあります。
遊びの種類をローテーションしたり、
おもちゃの動かし方を変えてみたり、
工夫をすることで、ネコちゃんの気分も変わることでしょう。

 

甘えてきたとき、なでなでしてあげるときも、
実は同じ構い方を嫌がるケースもあるのだといいます。
撫でる場所や強弱、撫でかたを変えてあげることで、
マンネリ化を防ぐようにします。

 

室内飼いだと、外猫のように刺激を受けるのは難しいことです。
飼い主さん以外に相手をしてくれるような、
ネコちゃんや他のペットなどをお迎えするのも良いかもしれません。
遊んであげたり、ひとり遊び用のグッズ、運動できるキャットタワーなど、
用意してあげるのもひとつの方法です。
病院以外でも、キャリーに入れてお出かけしてみるなど、
刺激を与えてあげるのも良いですね。

 

普段からのんびり生きているように見えるネコちゃんですが、
本当は好奇心豊かな生き物なのかもしれません。
いつもと違う接し方をすれば、
愛猫の新しい一面に気付くこともあるでしょう。
毎日一緒に過ごすというだけでなく、
お互い良い関係を続けていきたいものです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/10077

福岡市城南区のフェレットじゃこまるちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.41」
福岡市城南区のフェレットじゃこまるちゃんの飼い主K様

 

とても丁寧で満足できるものでした。

 

初めてのことで、とても不安な気持ちでしたが、
ペットとの別れをしっかりしたいと思い、
わらにもすがる思いでネット上のペット火葬サービスを探しました。
悪徳な業者がいる中、
こちらの会社にたどりついたのは、本当に幸運だと思います。
電話受け付けから最後の収骨まで、とても満足できました。
また利用することがあるかはまだわかりませんが、本当に感謝しています。

 

値段、サービスなど、とても満足できるものだと思います。
この会社にたどりつけたのは、とても幸運なことなので、
迷っていたらまずは相談からでもいいので、連絡をとってみて下さい。
飼い主様の悲しみが癒えることを祈っております。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

新型コロナウイルスのペットへの感染について

2020年2月現在、
中国を中心に国内外で多くの感染者が出ている新型コロナウイルスですが、
ペットに関わる様々な噂や憶測が流れているようです。
これに対して、アメリカ獣医師会や世界小動物獣医学会が、
現時点における正式な見解を発表しています。

 

・犬にも、猫にも、コロナウイルスは感染するが、
動物種独特のものであり、種を超えて感染しない。
犬のコロナウイルスは犬でのみ、
猫のコロナウイルスは、猫でのみ伝染しあう。
同様に、新型コロナウイルスは、ヒトの間でのみ、伝染する。

 

・ウイルスは、まれに突然変異を起こし、変化するため、
将来的にはどうなるかはわからないが、
現時点では、種を超えた感染は、新型コロナウイルスにはない。

 

・ペットを媒介にして、
他のヒトに感染させることも今のところ否定されている。

 

・「今のヒトの新型コロナウイルスが変化して、
もし将来犬にも伝染するようになった時に、
消化器コロナウイルスのワクチンを今、犬に接種しておけば、
ひょっとしたら、同じコロナなので、
免疫ができて、肺炎で死亡しないかもしれない」といって、
現在の消化器コロナワクチンを、
むやみやたらに犬に接種ことは意味のないことと警告している。

 

普段から推奨されているように、ペットは衛生状態とよい栄養状態を保ち、
極力室内で飼い、動物を触った後は手を洗うようにしましょう。
また、ペットが病気を媒介するとか、
コロナの入った混合ワクチンを念のため接種するという
非科学的想像理論、根拠のない噂や憶測に惑わされないようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

老犬の為の老犬ホーム

日本人の高齢化問題は叫ばれて久しいですが、
ペットのあいだでも高齢化問題は起きています。
元記事で紹介されているのは、京都府にある老犬ホームです。

 

記事の時点では64頭ものワンちゃんを預かっている施設ですが、
運営は決して楽ではないそうです。
預かっているワンちゃんの平均年齢は、14歳。
人間で言えば80歳前後ということになります。
当然、身体が弱っている仔もいれば、
自立困難なワンちゃんから、
認知症による昼夜逆転や無駄吠え、
白内障の仔ならば、歩き回るのも大変です。
24時間のきめ細やかな介護を、たった3人のスタッフで行っているのだそうです。

 

預り料は犬種や大きさによって違うものの、1月約3万円。
他にも全国からの寄付金で運営されているといいます。
ワンちゃんの世話に、月3万円は高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。
飼い主さんでもトイレや食事の世話などは出来るかもしれませんが、
老犬ホームであれば、愛犬もストレス少なく、快適に過ごすことが出来ます。

 

スタッフの方は「預ける飼い主さんが無責任というわけではない」と言い、
「今後、老犬のひとつの選択肢となっていければ」といいます。
愛犬とどのように接していくか、どうするのが一番お互いの為なのか。
老犬ホームの担う役割は、今後も大きくなっていきそうです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「livedoorNEWS」
https://news.livedoor.com/article/detail/16172445/

福岡市早良区の犬チャチャちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.40」
福岡市早良区の犬チャチャちゃんの飼い主H様

 

とても丁寧に対応して頂き、感謝しております。ありがとうございました。

 

長年、生活を共にしてきたチャチャの人生の終わりが見えてきた時に、
その亡骸をどうすればいいのか考えた結果、お願いすることにしました。
時間が経てば、お骨をどうするか等、また相談するかもしれませんので、
よろしくお願いします。

 

ペットの終活も相談できる時代です。
どうしようかと思ったら、まず電話して相談してみては?

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ワンちゃんが首をかしげる意味

ワンちゃんはいろんな仕草を見せてくれますが、
どれもとてもかわいらしいものです。
そのなかでも割と良く目にするのが、首をかしげる仕草。
人間であれば、疑問に思ったりした時に、
首をかしげたりしますが、ワンちゃんの場合はどういう意味があるのでしょうか。

 

ワンちゃんは、色々な意味で首をかしげるようです。
ひとつは飼い主さんの言葉や、初めて見るものなど、
よく分からないことがあったときにかしげます。
愛犬の目を見ながら、話しかけている時に、
よく首をかしげたりしませんか?
それは言葉の意味が分からずに、聞き返しているのです。
首をかしげることで、聴覚や嗅覚から、
私達が感じない音や匂いを、確かめていることもあります。
また、ご飯やおやつ、散歩など、日頃から聞く言葉でも、
本当に?というような意味で、首をかしげる仔もいるそうです。
ただこの場合、喜ぶ仔のほうが多いでしょう。

 

ただのクセで首をかしげる仔もいるようです。
その場合、なんとなくその仕草をみせているケースや、
以前私達が仕草を見た時、かわいいと喜んだことを覚えていて、
飼い主さんを喜ばせようと、首をかしげることもあるのだとか。

 

一方で、耳の不調で首をかしげることもあります。
何もないのに頭を振ることが多い時は、
何か異常があるのかもしれません。
耳が赤くなったり、熱を持ってたりしないか、
耳垢が多くないかや異臭がしたりしないかなど確認して、
心配な時は、お医者さんに相談してみるのが良いでしょう。

 

ワンちゃんもクセがあり、愛犬だけが見せてくれる仕草もきっとあるでしょう。
そういったものも愛犬の成長の証であり、
家族としての絆のひとつではないのでしょうか。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/osusume/detail/18207

福岡市南区の犬メイちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.39」
福岡市南区の犬メイちゃんの飼い主I様

 

作田さんにいろいろ教えて頂いたので、今のところはありませんが、
何かわからない事が今後ありました教えて頂きたいと思います。
その時はどうぞ宜しくお願いします。

 

火葬した後の骨の説明が丁寧で、とてもわかりやすかったです。
体の状態がよくわかりました。とてもありがたかったです。
お経もあげて頂きうれしかったです。
供養の仕方も教えて頂き、感謝しています。
作田さん、本当にありがとうございます。

 

人間と同じ葬儀ができた事に、本当に感謝しています。

 

とても良い葬儀をして下さるので、
安心してわが子を旅立たせる事ができると思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんの寝相

最近は寒さも強くなり、暖房器具が手放せない季節になりました。
飼い主さんだけでなくペットたちにとっても、
寒さはとても重大な問題です。
犬は喜び庭駆けまわり~という歌がありますが、
小型犬の場合、寒さでぶるぶると震えてしまう仔も多いです。
一方、猫はこたつで丸くなる~という歌詞が続きます。
雪を珍しく思い、外に出たがるネコちゃんもいますが、
ストーブやヒーターの前から動かないネコちゃんがほとんどです。

 

ネコちゃんも、いろいろな寝相で眠りますが、
寒い時期になると、丸くなって眠るネコちゃんの姿を良く見かけます。
これには単純に体温を逃さないようにして、
寒さから身を守る意味がありますが、
他にも、急所であるお腹を守ろうという意味もあるようです。
また、単純にリラックスした姿勢で、心地よく眠っているともとれます。

 

他にも、様々な寝相があります。
ネコちゃんが、お腹を見せて仰向けに眠ったり、
背中やお尻を飼い主さんにくっつける眠り方は、
とてもリラックスしている時の眠り方です。
横に転がって眠る姿勢も、安心している証拠です。
たまに、こんなに伸びるの?というような伸びをしたまま、
眠るネコちゃんもいますね。
香箱座りは、熟睡ではなくうとうとしている時にみられるようです。
しかし、足を地面につけるような寝方は、警戒心がある証拠で、
いつでも動けるような姿勢を保っています。

 

とはいえ、ネコちゃんの中には、びっくりするような姿勢で眠る仔もいます。
家の中や飼い主さんの側で、安心しきっている証拠でもありますので、
多少寝苦しそうでも、そっとしておいてあげるのが、良いかもしれませんね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/42640/

福岡市中央区の犬キリちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.38」
福岡市中央区の犬キリちゃんの飼い主S様

 

とても丁寧に対応して下さり、
かつ業務的だと感じさせない心のこもった対応で、
安心して愛犬のお見送りができました。
また、お骨の説明をひとつひとつ丁寧に時間をかけて説明して下さったので、
本当に動物好きな方なんだなと感じられました。

 

はじめは悲しみの中で、多少の不安を抱えながら火葬場に向かいましたが、
想像以上に親身に人間とほぼ同じような流れで進行、葬儀を行って頂き、
家族一同満足しています。ありがとうございました。

 

大変心のこもった対応で、我が家のもう一匹の子にもしもの事があった際には、
またお世話になりたいなと思いました。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ワンちゃんのお留守番時間はどの程度?

ワンちゃんを飼っているうえで避けられないこととして、
お留守番の時間があるでしょう。
家族が少ない程、お留守番の機会や時間は多くなります。
飼い主さんはもちろん、ワンちゃんにとっても、淋しい時間になりますし、
安全面から考えても、長時間のお留守番は避けたいところです。
元記事では、ワンちゃんのお留守番時間について書かれています。

 

基本的には、愛犬のお留守番時間は、8時間以内が目安ということです。
ただ、仔犬や老犬の場合、長時間のお留守番は避けなければいけませんし、
トイレや食事、お散歩や家族とのコミュニケーションの時間もありますので、
毎回長時間のお留守番は避けるべきでしょう。

 

最近では、自動給餌器などがありますので、
ご飯の心配はそれほどないかもしれません。
大きな問題となるのは、どちらかといえばトイレです。
家の中ではトイレが出来ない仔もいますし、
ワンちゃんによっては、飼い主さんが見ていないと、
トイレが出来ないということもあるようです。
一般的な成犬がトイレを我慢できるのは12時間程度ということですが、
これも個体差や仔犬老犬では大きく変わってくるでしょう。
日常的に長時間トイレを我慢させると、
膀胱炎や尿路結石などの病気のリスクもあります。
家族がきちんと管理してあげるようにしましょう。

 

ワンちゃんのお留守番の時間のゼロにすることは出来ませんし、
お留守番に慣れていない仔は、分離不安の心配も出て来ます。
家族が少ない家庭では、より難しい問題ですが、
ワンちゃんの健康や成長にあわせて、
接し方を工夫していくようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/osusume/detail/16212

福岡市南区の猫ジジちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット火葬をされたお客様の声をご紹介 Part.37」
福岡市南区の猫ジジちゃんの飼い主H様

 

動物好きでやさしい方だと感じました。
次の機会があれば、またお願いしたいです。

 

ペットが亡くなったのは初めてだったので、
最初は一任火葬でお願いしたのですが、よくよく考えて立会火葬にしました。
立ち会ってみて本当に親切で、
ペットの事もよく考えてもらって、とてもうれしかったです。

 

金額以上の価値があると感じました。
今いる子が亡くなった時も、ここにお世話になろうと思います。
本当にありがとうございました。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんへの腕枕

ネコちゃんに腕枕を要求された事はありますか?
ネコちゃんによっては、飼い主さんなど、
親しい人に対して、腕枕で眠ったりするのだそうです。

 

主な要因としては、
その人のことを大変信頼しており、大好きであるという理由や、
ネコちゃんが縄張りと考えて、自分のものだと考えているといった、
本能的な理由もあるようです。

 

では腕枕を要求されない人は、好かれてないのか?と感じますが、
けしてそういう訳ではなく、ネコちゃんがその人の腕のなかを、
くつろげる場所と感じていないのかもしれません。
普段横になるような場所、ベッドやソファーの上などで、
ネコちゃんをくつろがせてあげましょう。
慣れて安全だと感じるようになれば、
腕枕を要求するようになるかもしれません。

 

いったん腕枕をしてしまうと、外すタイミングに気を使ってしまいます。
ご飯やおやつ、好きなおもちゃなどで気を引いたりするのが良いようです。
また、顎や額などを撫でるなどして、頭を上げた隙に、
外してしまうという方法もあるみたいですね。

 

大好きなネコちゃんに腕枕をするというのは、
なかなかに幸せな事ですが、無理強いをして嫌われてしまっては、
元も子もありません。
出来るだけ自然に出来るように、
普段からネコちゃんが安心して信頼できる関係を作っておきたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/41067/

那珂川市の犬シオンちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.36」
那珂川市の犬シオンちゃんの飼い主K様
(シオンちゃんはミニチュアダックスです)

 

とても丁寧に対応して下さり、安心してお任せすることができました。
ありがとうございました。

 

スタッフの皆さんも優しく、
施設もきれいでペットライフサポートさんにお願いして良かったと思います。
「一つの命」「家族」としての扱いもとてもうれしかったです。

 

安心してお願いできますよ!!

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんに危険な植物

ネコちゃんは人間や犬と異なる食生活にあわせた内臓のため、
植物の成分が蓄積しやすく、中毒になりやすいのだそうです。
ネコちゃんに悪影響を及ぼす植物は、
なんと700種類以上あるそうですが、全て覚えるのは大変です。
元記事では、その中でも毒性が強く、
必ず避ける必要があるものが紹介されています。

 

「カランコエ属、キョウチクトウ、
ジギタリス(キツネノテブクロ)、スズラン、イチイ」
葉から茎まで全てのパーツに中毒成分が含まれています。

 

「プラム属、リンゴ、アンズ、チェリー、モモ、ウメ等」
植物の種にシアン化物が含まれています。
シアン化物は他の動物にも毒性を示しますが猫は特に注意が必要です。

 

「ナス科、イヌホウズキ、チョウセンアサガオ、ニオイバンマツリ等」
全てのパーツに注意すべきですが、
特に未熟な果実に中毒成分が多く含まれます。

 

「キンポウゲ科、キンポウゲ、クレマチス、アネモネ等」
美しい花が多く、観賞用に栽培されているものも多いです。
毒性植物として有名なトリカブトもこの科に含まれます。
主に葉と茎に毒性が多いようです。

 

「サトイモ科、スパティフィル、
アイビー、フィロデンドロン、ディフェンバキア等」
全てのパーツに気をつけなくてはいけませんが、
特に茎と葉に成分が多く含まれています。

 

「ユリ科、ユリ、チューリップ、スズラン等」
全てのパーツに毒性があるそうで、
猫にとってもっとも気をつけなくてはいけない植物の1つです。
治療法がなく、一口でも食べてしまうと命に関わることがあります。

 

「トウゴマ、ソテツ、イヌサフラン」
全てのパーツに毒性があるそうです。

 

「ツツジ属、シャクナゲ、アザレア、ゲッケイジュ」
全てのパーツに注意が必要です。

 

これでもかなり多くの植物ですが、
ネコちゃんが誤って食べても問題ないような植物か、
事前に調べて部屋の中に持ちこむか、
もしくは、完全に隔離して育てるようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「マイナビニュース」
https://news.mynavi.jp/article/20150331-a371/

福岡市東区の猫レオンちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.35」
福岡市東区の猫レオンちゃんの飼い主T様

 

とてもよくしていただきありがとうございました。

 

わが家には、レオンをはじめ、あとねこ1匹、犬6匹おります。
レオンが一番年上で、ペットの葬儀ははじめての事で、
わからないことばかりでしたが、
こちらにお願いして安心しておまかせできよかったです。
他にもたくさんいるならその悲しみは少しはへるのかなと思ってましたが、
いざその時を迎えてみると、1匹でも多頭でも、その子は1匹だけなのですから、
とてもとても今はつらくてさびしいのですが、
レオンも安心して天国へ旅立てたのではないかと、
自分の中で思えるようになった今日の安らかな葬儀でした。
本当に、ありがとうございました。

 

こちらにお願いして本当によかった。
スタッフの方々が私達の気持ちによりそっていただき、
安心してお任せ出来ました。
わが家には他の子たちもまだおりますが、その子たちのその時が来た時は、
またこちらにお願いしようと思っております。
つらい気持ちの中での送迎は、とてもありがたいです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんの毛割れの原因と対策

ワンちゃんもネコちゃんも自慢の毛皮を持っていて、
それをワサワサと撫でてあげるのも、ペット飼いの楽しみのひとつです。
しかし、ネコちゃんの毛並みが、
松ぼっくりのように割れてしまっているのを見たことがありませんか?
この毛割れにもちゃんと原因があるようです。

 

ひとつは栄養不足が考えられます。
原因はご飯の与え方が目分量だったり、
手作りご飯を与えているものの、栄養が偏っていたりと、様々です。
他に思い当たることがないのであれば、
ご飯の内容を見直す必要があります。

 

病気などが原因であることもあります。
例えば口内炎が出来ていて、グルーミングが出来ていなかったり、
皮膚の疾患やトラブルであることも考えられますし、
内臓の病気の場合もあるようです。
口内炎や内臓系の病気なら、それにあわせた治療が必要です。
皮膚のトラブルの場合、アレルギーを発症していないかなど、
注意する必要がありますし、
トリミングやブラッシングで、毛並みのメンテナンスを手伝ってあげましょう。

 

最後に歳をとって、
グルーミングの頻度が少なくなっているケースもあるようです。
老化は自然現象で避けようがありません。
定期的にブラッシングをしてあげるなどして、
被毛の美しさを維持してあげましょう。

 

毛割れの原因に思い当たることはありましたでしょうか。
折角の毛皮を持っているのですから、
飼い主が気をつけてあげることで、美しい毛並みを維持してあげたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/46623/

福岡市南区の鼠トトちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.34」
福岡市南区の鼠トトちゃんの飼い主S様

 

とても丁寧にしていただき、本当にありがとうございました。
人と同じように扱っていただけ、とてもうれしかったです。
すごくよくしていただいたので、今後友人にも勧めたいと思いました。

 

対応が早くとても丁寧にしていただけたため、よかったです。
また、ペットも人と同様に扱っていただけたため、とてもうれしかったです。
お参りができるペット思い出広場というホームページもあり、
本当にありがたいと思いました。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

保護動物を公認ペットに

アメリカのオハイオ州では、
州の動物保護施設で引き取られたすべての動物を、
「州の公認ペットにする」という法案が可決されたのだそうです。
この法律は、コロラド州・カリフォルニア州・ジョージア州・イリノイ州
テネシー州でも同じような法律が可決されています。
また、テキサス州とオレゴン州でも導入が検討されているのだとか。

 

公認のペットになってどうなるの?と思われるかもしれません。
この法律の目的は、保護施設で暮らす動物たちのことを知ってもらう。
社会の保護動物への関心を高める、という目的なのだそうです。

 

アメリカでは年間650万頭の動物が保護施設に持ち込まれており、
そのうち350万頭が引き取られていくものの、
150万頭は安楽死させられているのだといいます。

 

日本で保護される動物たちも、引き取られていく動物たちも、
殺処分されてしまう動物たちも、決して少なくはありません。
様々な切り口から、動物保護の大切さを伝えて行くことも、
これから先、必要になっていくことと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ハフポスト」
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5c9b04c9e4b08c450ccdaef2

福岡市早良区の犬ラヴちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.33」
福岡市早良区の犬ラヴちゃんの飼い主H様
(ラヴちゃんはラブラドールレトリーバーです)

 

知人からは他の所を教えてもらっておりましたが、
8月の対応がとても好印象で、
又2匹とも同じところの方が良いという思いもあり、
今回も利用させて頂きました。
心配り、優しさにいやされました。
葬儀に関しては、これから経験を積んでご活躍される事を祈念しております。
ペットとのお別れは寂しいですが、
御社のお陰で無事に旅立たせる事ができました。
心より感謝致します。知人にも自信を持ってすすめます。

 

とても良心的で料金体系も明確でとても良いです。
スタッフの皆様も笑顔で優しく大切なペット(家族)を安心して送り出せます。
24時間年中無休も有難いです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ペットちゃんの蓄積臭

多くの飼い主さんが、自分のペットのことを、
「目に入れても痛くない!」と思っていらっしゃることと思います。
しかし、傍目から見れば、その仔の不快な部分も見えてくるというもの。
元記事で話題になっているのは、ペットの臭いについて。
どれくらいの飼い主さんが臭いを気にしているのか、
アンケート調査が行われています。

 

500人を対象に行なわれた
「室内ペットの蓄積臭」をテーマにした意識・実態調査では、
64%の人がペットの臭いが「蓄積していると思う」と回答しました。
多くの飼い主さんたちが、ペットちゃんの臭いを気にしています。
臭いは「生乾きの衣類」や「公衆トイレ」に例えられ、
不快に感じている人も多くいるようです。

 

ペットの臭いへの対策を行った人も多いものの、
「やめた時期がある」人や、
「やっていたが、現在やっていない」という人は約半数もいて、
さらにその半数が辞めた理由として
「ペット臭に慣れた」「面倒になった」などと答えています。
対策の自己評価については平均55点と、
満足な対策が出来ている飼い主さんは少ないようです。

 

また、臭いについてのトラブルを経験した人も多く、
「人を家に招いた時に指摘された」ことや
「臭いがついたままの服で外出してしまった」
という飼い主さんもいるようです。

 

かわいい家族だからと、
臭いが気にならないという人もいらっしゃると思いますが、
騒音などと併せて、臭いもトラブルのもとになります。
周囲に配慮した暮らし方を心掛けたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「新建ハウジングDIGITAL」

室内のペット臭、64%が「蓄積してしていく」 パナソニック調べ

散歩中動かなくなるワンちゃん

散歩中のワンちゃんが、足を踏ん張って歩かなくなっている様子を、
見たことはありませんか?
ワンちゃんたちが動かなくなるのは、様々な理由があるようです。
元記事では理由や対処法が紹介されています。

 

散歩の道のその先に、何かしら怖いものがあるのかもしれません。
苦手な犬や怖い音などがそれにあたります。
仔犬や老犬などは、恐怖から歩かなくなるケースも多いようです。
また、昔嫌な経験をした道などは、避けたがるようですね。

 

散歩疲れで動かなくなることもあるそうです。
いつもより多めの散歩だったりしたら、
適度な休憩を入れながら歩く方がいいかもしません。

 

急に動かなくなるのは怪我のせいもあるといいます。
何か尖ったものを踏んでしまったり、
関節などを痛めてしまったりなどです。
同じ様に病気で歩くのが辛くなって、動かないこともあります。
心肺や間接などだけでなく、目の疾患で見えづらくなったことから、
動かなくなることもあるそうです。

 

特異なケースとしては、ハーネスやリード、お洋服などが気に入らない、
ということもあります。
散歩の前から動かないこともあれば、
途中まで楽しんでいるようだったのに、急に動かなくなることもあるのだとか。

 

対策として挙げられるのは、散歩のルートや時間を変えて、
なるべく苦手なことに直面しないようにしてあげることです。
疲れすぎないように、時間を調整することも必要です。
また、途中で動かなくなった時は、
抱っこしてあげて、安心させてあげましょう。

 

逆にやってはいけないことは、
無理やり引っ張ってひきずったり、叱ったりするのはNGです。
抱っこもやりすぎると、味を占めて、
仮病のように歩かなくなる仔もいます。
似たような事ですが、
ワンちゃんの歩くルートをついていくようにしてしまうと、
ワンちゃんがリーダーだと勘違いしてしまいます。

 

多くのワンちゃんは散歩が大好きで、
飼い主さんとのお出かけを楽しみにしていることでしょう。
もし途中で動かなくなるようなことがあれば、余程のことです。
原因をはっきりさせて、楽しい散歩になるよう、
いろいろと工夫してあげたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/dog/p/44628/

福岡市南区の犬クーちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.32」
福岡市南区の犬クーちゃんの飼い主M様
(クーちゃんはMIXです)

 

親身になって対応してくださいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
文章で表しきれないほどのいやし、いつくしみを感じました。

 

とてもよい葬儀をサポートして下さったと思います。

 

大切なペットを見送る際には、一番良いところだと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんが飼い主さんを探す時は

普段クールなネコちゃんでも、
気が向いた時に飼い主さんに甘えたくなることもあります。
そういったタイミングで飼い主さんが見当たらない場合、
ネコちゃんは飼い主さんを探し始めるようです。
愛猫はどんなふうに飼い主さんを探すのでしょうか?

 

アオーンと大きな声で呼ばれた覚えはありませんか?
飼い主さんのことを探して、大声で呼んでいるところです。
さらにネコちゃんは、聴覚で飼い主さんを探そうともします。
キョロキョロとあたりを伺っている時は、
音がしないかもチェックしているのですね。
それでも見つかりそうにない時は、
飼い主さんが普段からいる場所を探し始めます。
実はネコちゃんは、飼い主さんのことをよく見ていて、
「お気に入りの場所」を知っているのだとか。
そこにもいない時は、ソファーの下やカーテンの裏などの、
ネコちゃんが隠れるところを探し始めるといいます。
良くありがちなのが、トイレやお風呂の後、
ドアの前で出待ちするネコちゃんです。
これも飼い主さんの行動パターンなどを理解している証拠なのだそうです。

 

ネコちゃんは飼い主さんのことをお母さんだと思っていたり、
逆に飼い主さんを仔猫と思って心配していたりするのだそうです。
ですので、時折甘えてくる時はたくさん甘えさせてあげましょう。
しかし、普段から必要以上に甘えさせるのは、依存度が高くなり、
飼い主さんがいない時に分離不安の症状が出たりします。
甘えさせるのは大事ですが、一人で過ごす時間を作るのも大切です。
また、飼い主さん以外にも、おもちゃやぬいぐるみなど、
大切なものを持ってもらいましょう。
寂しがりな仔には、普段から声をかけるなどして、安心させてあげましょう。
大事な仔だからこそ、節度のある距離感を保つようにしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/10627

愛犬の怪我や病気のサイン

大好きな愛犬が、怪我や病気をした時、飼い主さんは気付いてあげれますか?
気付いて当然と思うかもしれませんが、ワンちゃんは我慢強く、
痛いことを隠そうとするものだそうです。
ですので、気づいた時には、症状が進んでたりすることもあります。
どういう部分を見て、怪我を見つければ良いのでしょうか。

 

ワンちゃんは身体が毛で覆われているので、
怪我をした部分を見つけづらいですが、
その部分をしきりに舐めたりするものです。
同じ個所を頻繁に舐めているのであれば、怪我をしているのかもしれません。

 

元気なくじっと横になっているのは、
身体のどこかに痛みがあるせいかもしれません。
痛みだけでなく、怪我をした精神的ショックから、
元気がなくなることもあるようです。
普段元気な仔が、おとなしくしているようでしたら、
怪我や病気を疑ってみたほうが良いでしょう。

 

足を上げたままにしているのは、足を怪我している可能性があります。
散歩中にガラス片や尖ったものを踏んだり、
びっくりした拍子に関節を痛めたりたりすることも多いのだとか。
高い所から飛んで脱臼や怪我をする仔もいるといいます。
足の痛みや違和感を和らげるために、足を上げたままにするそうで、
半日以上上げたままの場合は、念のために病院へ連れて行きましょう。

 

歩き方がいつもと違ってぎこちない時や、
足を引きずるようにして歩いている場合は、
関節の痛みや切り傷、火傷などが考えられます。
怪我した部分の負担を改善しようと、違う歩き方になるそうです。

 

ワンちゃんは我慢強い生き物で、飼い主さんに対しても、
弱弱しいところを見せないようにするものですが、
あまりにも痛みを感じたり苦しかったりすると、
弱弱しく鳴くことがあるのだとか。
ご飯も食べずにじっとうずくまって鳴いているようでしたら、
怪我や病気で痛がっている可能性が高いでしょう。

 

愛犬が怪我をした時、混乱したりショックを受けたりして、
ソワソワ落ち着きなく動き回ることがあります。
そのままだと怪我が悪化してしまうかもしれません。
まずは待てやお座りなどで動かないようにして、応急処置してあげましょう。
その際は、人間用のものではなく、犬用の消毒液や止血剤を使います。
また、軽度な怪我だと思っていても、
実は思ったより酷い怪我ということもありますので、
早めに病院へ連れて行ってあげるようにしたいですね。

 

普段元気な愛犬が、弱弱しくしているところを見るのは、
とても心苦しいものです。
早めに気付いてあげて、治療してあげたいところですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」
https://wanchan.jp/osusume/detail/15544

ネコちゃんの気持ちの表現方法

ネコちゃんはどちらかというとクールないきもので、
慣れていないうちは何を考えているか分かりづらいものです。
元記事では、いろんな仕草から分かる、
ネコちゃんの気持ちについてかかれています。

 

嬉しい時や楽しい気持ちの時、
ネコちゃんがよくみせる仕草はどんなものでしょうか。
わかりやすいのは喉をゴロゴロと鳴らしている時でしょう。
あごや耳の後ろを撫でてやると、気持ち良くなって、
ゴロゴロと鳴く時があります。
同じ様に撫でてあげていると、尻尾をピンと立てて、
擦り寄ってくる時も機嫌が良い時です。
甘えたい気持ちの時は、前足でふみふみしてきますし、
お腹を見せて撫でて欲しがる時もありますね。

 

怒っている時も分かり易い仕草が多いです。
毛が逆立ったり、尻尾が膨らんだりしている時は、威嚇している時です。
シャー!と鳴いているなら、威嚇を通り越して怒っていますので、
近寄らないでほとぼりが冷めるのを待った方が良いでしょう。
わかりづらい仕草としては、尻尾を大きくパタンパタンと振っている時や、
耳が後ろに反って倒れている時などです。
機嫌が悪い時ですので、そっとしておくようにしましょう。

 

悲しい時もそれなりの仕草をみせてくれます。
尻尾がだらりと垂れている時や、
しょんぼりするように背中を丸めうつむいている時は、
何か失敗したりしたのかもしれませんね。
小さくニャーニャーと鳴いているのは、
お腹が減るなどして何かを要求しているのでしょう。

 

ネコちゃんは気持ちが分かりづらいと思われがちですが、
いろんな仕草で気持ちを表現してくれます。
しっかり分かり合えれば、きっと良いパートナーになってくれるはずです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/40672/

福岡市南区の犬びっちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.31」
福岡市南区の犬びっちゃんの飼い主K様
(びっちゃんはピンシャーです)

 

お迎えに来て頂いて、初めから最後まで
ていねいな説明・案内をしてもらいました。ありがとうございました。

 

ここで大切な愛犬とお別れできてよかったと思います。
さみしいけど、最期の時間を作ってもらい、一区切りつけたような気がします。
ていねいなあつかい、本当にありがとうございました。

 

他の葬儀場に行ったことはありませんが、
私達はここでお別れの時を過ごせてよかったと思いました。
愛犬が私達の元へ戻ってくるまでの間、自然の中をさんぽしたり、
家族だけの時間を過ごして待つことができました。
最愛のペットとお別れする時は、
こんなにていねいにしてくれる場所がいいと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

愛猫がご飯を食べなくなったら

ネコちゃんがいつも食べていたご飯を、急に食べなくなることがあるそうです。
もちろん体調不良も考えられますが、
ご飯を食べなくなる理由は実に様々なようです。

 

いつも食べていたご飯に飽きてしまうことがあります。
ネコちゃんは好き嫌いがはっきりしているのが特徴でありますが、
普段のご飯も嫌いになってしまうケースがあるのだとか。
複数の美味しく食べてくれるご飯を、
ローテーションしながら食べさせるのが良いかもしれません。

 

ネコちゃんは、いつもと違うものを食べたがる習慣があり、
逆に違うものは警戒心から受け付けないという習慣もあるのだそうです。
いろいろなご飯を求めるのは、ネコちゃんが栄養バランス考えている、
ということも考えられるのだと言います。
どうやってご飯の栄養バランスを知っているのかは、分かっていませんが、
普段食べているご飯のバランスに不満を持っている可能性もあります。

 

もともとそんなに好きじゃなかったご飯を、
我慢して食べている仔もいるかもしれません。
ネコちゃんが美味しく食べてくれているかは、しっかり観察しましょう。
また、美味しかったご飯も開封して時間が経ってしまい、
匂いが薄れてしまうことがあります。
そんな時は、ご飯の保存容器に乾燥したネコ用おやつを入れて匂いをつけたり、
ご飯にトッピングをしてみるなど工夫すると良いそうです。

 

ネコちゃんがご飯を急に食べなくなるのは、とても心配です。
いろいろな手を尽くして、食べてくれるようになればいいのですが、
どこか体調がおかしそうなら、すぐに病院へ連れて行きましょう。
もし歳をとってしまっているなら、加齢による食欲減退かもしれません。
シニア用のご飯に切り替えて、バランスを考えた食生活にしてあげたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/10377#anchor1

ペットの爪から出血した時は

ワンちゃんネコちゃんの爪の手入れをしていますか?
普段ちゃんと手入れしているつもりでも、
何かの拍子に爪から血を出してしまう仔もいるでしょう。
もしもの時、どうすればいいのでしょうか。

 

ワンちゃんの爪の場合、爪の中央部には血管が通っています。
白い爪の中のピンクの部分がそれです。
爪切りの時、深爪をしてしまった場合や、
散歩などの時、地面に擦れて爪が血管まで削れてしまったり、
伸びすぎた爪が血管の部分で折れてしまったりと、
ほとんどの場合は上記のケースで出血することが多いようです。

 

血が出てしまった場合は、まず止血することが大事です。
一番良いのは、ペットショップや動物病院で市販されている止血剤を使うこと。
常備薬として自宅に1つは置いておくとよいでしょう。
でも手元に止血剤がない場合、身近なもので代用が出来ます。
小麦粉を堅めに水で溶いたものを、爪の先に塗ると良いそうです。
血がにじむ時は、追加で小麦粉をつけてあげます。
小麦粉がない場合は、片栗粉やコーンスターチでも良いのだとか。

 

血が出てしまうケースに直面したら、
焦らずコットンを出血箇所にあて、1~2分ほど傷口を圧迫します。
それで止まらない時は、止血剤などを使いましょう。
怪我しないのが一番ですが、
もしもの時の手当の仕方を学んでおくのも大切ですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「まぐまぐニュース」

ペットの爪から血が出たら?応急処置法と止血剤がない時の代用策

福岡市中央区の兎ペポちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.30」
福岡市中央区の兎ペポちゃんの飼い主K様

 

とても親身になっていただき、丁寧な対応をしていただきました。
ありがとうございます。
お2人共、終始丁寧ですばらしい仕事をされていました。

 

お別れの時間を十分に作っていただいたり、
人と同じように送り出していただけたので、満足しています。
ありがとうございました。

 

安心してお任せできるところです。
無料送迎もしていただけるので、利用しやすいと思います。
料金も明瞭でお安いのではないかと思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

ネコちゃんが魅力を感じるもの

猫好きとしては、日々ネコちゃんのご機嫌を取りながら、
生活されていると思いますが、
ネコちゃんが魅力を感じるものは、いったいどんなものでしょう。
元記事では5つの要素が紹介されています。

 

美味しい匂いに誘われるのは、人も猫も同じでしょう。
私達がご飯を作っていると、
ネコちゃんもお腹をすかせて台所にやってきます。
匂い以外にも、私達の行動をよく見てたりしますし、
ご飯だよーと呼ぶ声に反応してくれたりもします。

 

ねこじゃらしのような、ちらちらと動くものが好きです。
紐の先にひらひらをつけただけの簡単なおもちゃでも、
夢中で遊んでくれたりします。
短時間集中して遊んであげれば、ネコちゃんは満足してくれるでしょう。

 

高くて小さな声は、仔猫の声に似ているそうです。
逆に低くて大きな声は威嚇の声に聞こえるのだとか。
なるべく小さく高い声で話しかければ、
ネコちゃんも耳を傾けてくれるかもしれませんね。

 

箱のような体がみっちりと入る空間や、
本や新聞紙の上のような、紙を広げただけの場所、
なんなら、テープなどで丸く囲っただけのところでも、
ネコちゃんは気に入ることがあります。
肝心な時に邪魔されるようで、ちょっとムッとしてしまいますが、
彼らの習性として受け入れてあげる必要がありますね。

 

高いところはネコちゃんのお気に入りスペース。
キャットタワーやキャットウォークは運動にもなりますので、
危険じゃない範囲で、行動させるようにしましょう。

 

ネコちゃんの魅力的に感じるものは、
やはり本能が刺激されるもののようです。
普段からなるべく欲求を満たしてあげれば、
ネコちゃんも満ち足りた毎日を送れるのではないのでしょうか。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ねこちゃんホンポ」
https://nekochan.jp/cat/article/10085

ペットロスの飼い主さんと保護されたワンちゃん

元記事で紹介されているのは、
とある飼い主さんたちのペットロスとそれを克服するまでの話です。

 

飼い主さんはご年配で子どもも独立しており、
2匹のワンちゃんと一緒に暮らしていたそうです。
ですが、立て続けにワンちゃんに旅立たれ、ペットロスに陥ってしまいます。
テレビで動物を見るだけでも涙が出てしまう状態だったそうです。
そこで動物愛護団体で働いていた親族の方が、
以前飼っていた仔によく似ているから譲渡会に来てみないか、
と誘ってみたといいます。
飼い主さん夫婦は、前の仔が亡くなってまだ1ヶ月しか経ってないのに・・・、
という気持ちだったそうですが、見るだけでも・・・ということで、
会場に足を運んだのでした。

 

それでもやはり犬好きのご夫婦で、
譲渡会でワンちゃんと出会った瞬間「かわいい~」とひとめぼれしたそう。
しかし、そこからが問題でした。
そのワンちゃんは、人見知りなのか、全然愛想が無く、
呼んでもボランティアスタッフさんの後ろに隠れるのだそうです。
その上、右前脚の先が欠損しており、3.5本脚のワンちゃんだったのです。
ご夫婦は、身体の障害があり、性格も臆病な上に愛想が無い、
このままでは貰い手が見つからないであろうワンちゃんに、
すっかり情が湧いてしまったそうです。
そして、その仔と2週間トライアルで過ごしてみることにしたのでした。

 

ご夫婦は、ワンちゃんのことで悩みながらも、
気付けば自分たちに笑顔が戻っていました。
自分たちをペットロスから救ってくれた3.5本脚のワンちゃんを、
新しい家族として迎え入れることにしたのでした。
ワンちゃんは愛情を注がれていくうちに、変化を見せ始めます。
生まれて初めての散歩が好きになっていき、
慌ててがっつくように食べていたご飯も、
自分のペースで食べるようになりました。
何より、飼い主さんご夫婦の膝の上に乗るのが大好きになったのです。

 

ペットロスで苦しんでいたご夫婦を救ったのは、
自分自身が苦しみ、助けを求めていたワンちゃんでした。
まだまだ問題はあるものの、ワンちゃんは飼い主さんのもとで、
新しい犬生を楽しんでいます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「エキサイトニュース」
https://www.excite.co.jp/news/article/Com1242_166095/

愛犬の100点満点の笑顔

ワンちゃんは、いつ会っても、
まるで何年も会ってなかったかのように振舞ってくれます。
その様子を見ると、飼い主としても、とても嬉しくなります。
元記事で紹介されているのは、
ワンちゃんのデイケアサービスに預けられていたワンちゃんが、
1時間半の滞在の後に見せた満面の笑顔です。

 

カナダのオンタリオ州にお住まいの飼い主さんは、
分離不安症気味の愛犬を、デイケアに預けたそうです。
ワンちゃんは、それなりに楽しく過ごしていたものの、
飼い主さんが迎えに来たことに気づくと、素早く寄ってきて、
満面の笑みを見せてくれました。
筆者の愛犬が首輪から抜け出して、
玄関の門扉の前で、帰りを待っていたことを思い出します。
彼もとても良い笑顔を見せてくれる仔でした。

 

ワンちゃんの笑顔は、飼い主さんたちも楽しくしてくれますね。
いつまでも笑顔が素敵な愛犬のままでいて欲しいところです。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ニコニコニュース」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5021058

福岡市早良区の犬チョコボちゃんのペット葬儀のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.29」
福岡市早良区の犬チョコボちゃんの飼い主O様
(チョコボちゃんはマルチーズです)

 

担当の方はとてもていねいで
悲しみでいっぱいのこちらの気持ちにも、配慮してくれた。

 

ペット葬儀会社には、悪徳業者もいると聞いていたので、
とても不安だったが、丁寧な対応、葬儀から火葬まで、
ひとつひとつがとても大切に行うことができ、御社を選んで良かった。

 

裏には川の流れもあり、とても良い場所にあるが、
ぜひ無料送迎を利用してもらいたい。
拾骨の時もとてもていねいで
家族でゆっくりと別れを惜しみながら行うことができます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

干支のなりたちとネコ年

干支は干と支が組み合わさったものです。
ひと月を上中下旬に分け、それをさらに十に分けたものが、
十干と呼ばれ、太陽の巡りを数えるためのものだそうです。
一方で十二支は、12年かけて空を巡る木星の位置を示すためのもの。
年月日を数えるのにも用いられるようになったのだとか。
干支は、60をひとつの周期としており、私達人間も60歳を還暦と呼びます。
暦がひとめぐりすることから、還暦というのだそうです。

 

干支がいつからあるのかはさだかではありません。
なんでも紀元前217年の頃の官吏の墓から、
十二支に動物が割り当てられているものが見つかったと言います。
そして、十二支に動物が割り当てられたのは、
国が使う暦を、民衆に分かりやすいように、
馴染みのある動物を当てはめたのではないか?ということです。
つまり、今ある12の動物は、
文字と似た読みをペットにあわせて行った結果ということですね。

 

私達が物語として知っている、十二支にネコが入れなかった理由は、
一番有名なものではネズミに騙されたという話が知られています。
同じ様な理由として、
お釈迦様に頼まれた薬を取りに行った鼠を猫が食べてしまったため
というものもあるようで、ネコが悪者にされています。
単純に、干支が作られた時、まだネコが知られていなかった、
という説もあるようですが、
その頃には、ネコが家畜として飼われていた形跡が見つかっているようです。

 

しかし、海外のベトナムやチベット、タイでは、ネコ年があるのだそうです。
また、ブルガリアでも虎ではなくネコが当てはめられているのだとか。
ブルガリアに干支があること自体、びっくりですね。

 

ネコちゃんが干支に入れなかった理由は、
はっきりとしたことはわかっていません。
しかし、気まぐれながらもいつもそばに居てくれる、大切な家族です。
たとえ干支に選ばれなくても、
いつでも私達を見守ってくれる存在であると思います。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/cat/p/42551/

ワンちゃんの首輪選び

愛犬のおしゃれに洋服を着せたり、首輪をつけたりは、
愛犬家の皆様は、やってらっしゃることと思いますが、
首輪をつけたままにしておくのは、デメリットもあるようです。
元記事は、犬の首輪のデメリットについて書かれています。

 

筆者が昔飼っていた犬は外飼いで、ずっと首輪をつけている状態でした。
その仔は首が擦れて傷んでいました。
擦れるだけじゃなく、蒸れたりもするそうで、
皮膚が弱い仔の場合、血が出たりもするのだとか。

 

サイズが合ってない首輪をつけていると、その仔のストレスにもなります。
小型犬は首が細く、弱いことが多いので、
重たい首輪をつけたままにするのは、大変な負担になるでしょう。
大型犬の場合は、そのような心配は無いものの、
身体が大きくなりやすいので、
首輪のサイズが合わなくなり、気管を圧迫する恐れがあります。
仔犬のように首輪に慣れていない仔は、
リボンなど、軽い素材の物を緩めに巻いてあげるなどして、
慣らしてあげましょう。

 

ワンちゃんによっては、アレルギーを発症する危険もあります。
首輪をつけていて、皮膚がかぶれてしまったり、毛が抜けたりするときは、
首輪の素材でアレルギーを起こしている可能性があります。
最初は大丈夫でも長時間つけていると、アレルギーの発症率も上がるそうです。
アレルギーの可能性があるときは、一度病院に連れて行って、
お医者さんに相談するようにしましょう。

 

首輪自体が不潔になり、臭いがしたりするようになることもあります。
ワンちゃんの首のまわりからは少量ですが、
臭いの強い汗が出ているのだそうです。
首輪をつけっぱなしにしていると、その臭いを多く吸い取ってしまいます。
ワンちゃんをシャンプーなどできれいにしてあげても、
首輪自体がの臭いがしたり、首輪の雑菌が愛犬に移ってしまうことも。

 

首輪のデザインは、ワンタッチ式やピンバックル式などがあり、
大型犬、小型犬、室内犬や外飼いの仔など、
その仔に合わせたものを選ぶようにしましょう。
ワンちゃんが快適に過ごせるような首輪選びをしたいですね。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。

 

******
元記事:「ペットスマイルニュース」
http://psnews.jp/dog/p/47929/

福岡市博多区の犬ちび助ちゃんのペット火葬のご感想

「ペットライフサポートでペット葬儀をされたお客様の声をご紹介 Part.28」
福岡市博多区の犬ちび助ちゃんの飼い主U様
(ちび助ちゃんはパピヨンです)

 

すごく良かった。安心してまかせられた。

 

低料金でさがして、たのんだのですが、思った以上にすごく良く満足をした。
一任だったので、不安だったが、ショートメールでの連絡で、びっくりした。
今後も(猫がいるので)利用したい。知人にも安心して紹介できる。

 

色々とペット火葬場はあるけど、
私自身で調べてTELして話を聞いた中で一番良かった。
利用してみて、やはりここで良かったと思った。
亡くなったペットへの扱い、家族への心遣い、安心して頼めます。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。
福岡市内(中央区・博多区・南区・早良区・城南区・西区・東区)
福岡市近郊(那珂川市・春日市・大野城市・太宰府市)
その他の福岡県内にも、ご対応致しております。