愛犬と秋の危険性

先日、秋の散歩道には愛犬にとって危険な植物がいっぱい!
という話を、先日のブログに投稿させていただきましたが、
今回は、秋にはそれ以外にも、危険が潜んでいるかもしれない、
という記事の話です。

 

まずは、食欲の秋ということで、フードの量に気を付けるべき、ということです。
夏の暑い時期に落ちていた食欲が元に戻るのと、
下がった気温に対して、エネルギーを欲するため、
沢山食べたがる季節なのだそうです。
食べさせすぎにも注意が必要ですが、与えなさすぎにも注意です。
また、秋の味覚を与える場合も、ぶどうなどは悪影響を与えますし、
りんごや梨の種も、愛犬にとって有害なものです。
与えていい食べ物なのかを注意することと、
初めて与える場合は少量ずつ食べさせ様子をみましょう。

 

秋は秋ならではのイベントなども開催されます。
たとえばハロウィンなんかで部屋を飾る場合は、
装飾品や服飾品などを、愛犬が呑み込んでしまわないように気を付けましょう。
愛犬とお出かけの際は、逃げ出したり迷子になったりするかもしれません。
万が一に備えて、ネームタグや迷子札は常に装着しておきましょう。

 

また、秋になって涼しくなったことで、虫に対する警戒が薄くなりがちです。
外出する機会も増え、野山へのピクニックへ行くこともあるかもしれません。
その場合は、ノミ・ダニ・蚊にも注意が必要ですし、
越冬前の野生の生き物、クマやイノシシなどは大変危険です。
他にもヘビやスズメバチなどもいます。
自分や愛犬の身を守れる準備は、しっかりしておきましょう。

 

秋だからというわけではなく、
日頃から、自分たちの身を守る準備が大切です。
事前に情報を集めることで、より安全に短い秋を楽しみましょう。

 

 

福岡 ペット火葬、ペット葬儀、ペット霊園のご依頼はペットライフサポートへ
ご依頼ください。

 

******
元記事:「わんちゃんホンポ」

https://wanchan.jp/osusume/detail/4582